インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SharePoint Serverでライブラリを作成する





s0185【楽販アフィリオ】ニキビ(にきび)ケアならニキビ治るんるん♪



COACHのブランド直営店で年中いつでも50%オフでバッグや財布、腕時計等を買う方法!


 SharePoint Serverでは、Wordファイルなどのデータをユーザー同士で共有するための「ライブラリ」が備わっており、ファイルに属性を持たせて管理できることがメリットだ。ライブラリの作成方法を解説する。

※この操作は、ライブラリの管理権限を持つユーザーを前提としている(この権限を含むアクセス許可レベルは、デザイン、フルコントロールである)。

 リストを作成したいサイトを開き、画面左上の[サイトの操作]をクリックし、表示されるメニューで[その他のオプション...]をクリックする。

 [作成]ダイアログボックスが開くので、左側の[ライブラリ]をクリックする。中央にライブラリのテンプレートが一覧表示されるので、共有したいファイルの種類に応じて選択する。Microsoft WordやMicrosoft Excelなどのファイルなら「ドキュメントライブラリ」、画像データなら「画像ライブラリ」を選択する。右側の欄にライブラリの名前を入力して[作成]をクリックすると、ライブラリが作成される。

 作成したライブラリは、既定で画面左のサイドリンクバーに表示され、クリックするとライブラリの内容が一覧表示される。ライブラリの内容が表示される形式をSharePoint Serverでは「ビュー」と呼ぶ。ビューは幾つも作成できるが、「既定」に設定されているビューが初期状態で表示される。

 また、リストと同様にライブラリにも、アップロードしたファイルを管理する属性項目「列」が用意されている。ビューの最上部には列名が表示される。ビューに表示される列は、ビューの設定で選択されたものである。

 他のテンプレートだが、「スライドライブラリ」は、Microsoft PowerPointファイルを、1ページ単位でアップロードして共有できる。「メディアライブラリ」は、動画や音声データなどの共有に使用する。「WiKiページライブラリ」では、メンバーが共同でWikiページを作成・編集できる。「フォームライブラリ」は、XMLベースのビジネスフォーム(Microsoft InfoPath)をまとめて管理する場合に使用する。

 最も利用頻度が高いのはドキュメントライブラリだろう。全てのテンプレートを使ってライブラリを作成し、データをアップロードしてみるといいだろう。それぞれのテンプレートの特徴がよく分かるはずだ。

<ライブラリのURL>

 SharePointでは、ライブラリを作成するとライブラリごとに下行のようなURLが作成される。

http://<SharePoint Serverのライブラリを作成したサイトの場所>/DocLib/Forms/

 ライブラリの名前を全角の日本語文字で作成すると、1つ目のライブラリはDocLibだが、2つ目のライブラリからはURLの末尾はDocLib1のようにシーケンシャルな数字が付いた「DocLibN」のURLとなる。日本語と半角英数字が混在している場合は、半角英数字部分だけがURLに使用される。ライブラリのタイトルは後から変更できるが、URLは変更できないので、半角英数文字で作成しておくことをお勧めする。

※関連記事:Microsoft Office 365とGoogle Apps、どちらがお得か?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000045-zdn_tt-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/11(金) 12:49:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google、検索結果から不快ドメインを排除可能に | ホーム | 03/10のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/110-a35e887b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。