インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第5回 iWnn、ATOK、POBox Touch、Simeji??Androidの日本語入力システムを比較する

ダイエットもインターネットで出来るんじゃないかなと思う昨今です。自分は、一日一食を心がけています。ものすごく食べ過ぎるくせがあるので、一食にしているんですが、イレギュラーで、どうしても食べなければならない状況が出てくるので、それを想定して一食にしておくと楽。やはり食べ過ぎると苦しくて気分も害する時があるし・・・
【 楽モテダイエット 】●冊子● 人生で唯一のダイエット法 ● 発売記念特別価格 ● 90日間で31,7kgの減量に成功したダイエット法 ☆


■ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ!【power affiliate(パワーアフィリエイト)】+アフィリエイトで年収1000万円稼いだ男のマインド&仕事術(教材本編+特典合計1700ページ+対談音声82分11秒)■



COACHのブランド直営店で年中いつでも50%オフでバッグや財布、腕時計等を買う方法!


 従来のケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンに乗り換えて、大きく操作性が変わるポイントの1つが「文字入力」だろう。これまでは物理キーで入力していたものが(ほとんどの機種で)タッチパネルに変わり、ディスプレイに触れながら入力するスタイルになる。
【表:各モデルの日本語入力システム仕様一覧】 【拡大画像や他の画像】
 日本語入力システムもスマートフォン向けに作り込まれており、細かい部分で物理キー付きのケータイとは操作性が異なる。スマートフォンではどの入力システムが使いやすいのだろうか。2010年冬モデルに「Xperia SO-01B」(Android 2.1)を加えた13機種と、日本語入力アプリの「OpenWnnフリック対応版」と「Simeji」2種類の入力機能を検証した。

●フリック入力はどの機種でも使える?

 日本語入力システムは、多くの機種が「iWnn」を採用しており、操作性で共通している部分が多い。ただし同じiWnnでもメーカーごとにカスタマイズを施しており、「HTC Desire HD 001HT」と「HTC Aria」はフリック入力非対応、自動カーソル移動は(iWnn対応機では)シャープ端末のみ対応など、機種によって異なる部分もある。また、入力ソフトのOpenWnnフリック対応版は、iWnnと同じくオムロンが開発したOpenWnnをベースに、野田邦昌氏がフリック入力機能を追加したものだが、こちらも細かい仕様は異なる。

 「REGZA Phone T-01C」はこの中では唯一「ATOK」をプリセットしているが、他の機種もAndroid マーケットからTrial版をダウンロードすることで利用できる。「Pocket WiFi S」は富士ソフトの「FSKAREN(エフエスカレン)」、Xperiaはソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ独自の「POBox Touch 3.0」を採用している。

 いずれの機種もQWERTYキーボードを搭載しないフルタッチ形状なので、文字入力には画面に現れるソフトウェアキーボードを使用する。タッチパネルの利点は、言語や好みに応じてキーボードの形を変更できること。日本語の場合、ケータイのキーに近いテンキーと、QWERTYキーのどちらかを使って入力できる。スマートフォンなら、テンキーなら縦向き、QWERTYキーなら横向きが入力しやすいだろう。キーボードの種類は文字種ボタン(長押し)や設定ボタンなどから変更できる。

 ケータイやスマートフォンでは必須ともいえる「予測変換」と、変換した単語に続く単語を予測してくれる「連携予測」には、どの機種も対応している。iWnn、POBox Touch 3.0、OpenWnnフリック対応版、Simejiは英単語の予測変換も可能だ。固有名詞など変換候補に表れない文字を簡単に呼び出せる「ユーザー辞書」も、どの機種やアプリでも利用できる。

 タッチパネルならではの操作といえるのがフリック入力だ。iPhoneでもおなじみだが、テンキーを4方向にフリックすることで、1つのキーに割り当てられた文字を1ステップで入力できる。「お」「こ」など従来のキーだと入力回数が多かった文字を入力するのに便利だ。母音が「あ」の文字は、これまで通りキーを1回押せばよい。iWnnでは標準的な機能だが、前述の通り、HTC製端末やFSKARENはフリック入力に対応しておらず、1回ずつキーを押す必要がある。フリック入力を重視するなら、OpenWnnフリック対応版やSimejiに替えた方がいいだろう。

 ATOKではフリックに加えて「ジェスチャー入力」も用意されている。ジェスチャー入力では「か」行なら「か」~「こ」のすべての文字をフリックで入力する。フリックする方向も異なり、十字型ではなく扇形にフリックする形になる。か行なら「か」は左、「く」は上、「こ」は右方向にフリックすればよいが、「き」は左斜め上、「け」は右斜め上でややコツがいる。ジェスチャー入力だと、濁点付きの文字を2回のフリックで入力できるメリットもある。なお、T-01Cには、キーを押したときに表れるジェスチャーガイド(プレビュー)を表示させない「ジェスチャー入力Pro」も用意されている。

 シャープ端末のiWnnは独自色が強い。その1つとして、入力した際に端末側が「入力ミス」と判断すると、他の候補を表示してくれる補正機能がある。例えば「はわだ」と入力すると、変換候補に「補正」アイコンが表れ、これを押すと「判断」「パンダ」「ホンダ」などの語句が表示される。先述のとおり、自動カーソル移動に対応するのも、この中のiWnn対応機ではシャープ端末のみだ。

 もう1つ細かいところだが、シャープ端末では記号を入力してから、記号一覧を表示させたまま文字の削除ができない。他の機種のiWnnだと右下に削除ボタンが出るが、シャープ端末の場合、右下に出るのは「閉じる」アイコン。したがって、記号一覧から記号を入力してから削除する場合、いったん記号一覧を閉じる必要があり、やや不便だ。

 ちなみに、Android端末ではGoogleの音声認識を用いて検索ができるが、GALAXY SとGALAXY Tabにはソフトウェアキーボードに音声認識ボタンがあり、音声認識でメールの本文を入力したり、Twitterにつぶやいたりできる。

●キーボードスキンと言語の種類は充実している?

 キーボードスキン(背景画像)を多数プリセットした機種もあり、これもソフトウェアキーボードならではの楽しみ方といえる。シャープの3機種は「Normal」「Chic」「Kyoto」「Metal」「Vivid」(5種類)、001HTとHTC Ariaは「Dafault」「Simple」「Metal」「Light」「Ice」「Classic」「Wood」「Kyoto」(8種類)、OpenWnnフリック対応版は「標準」「シンプル」「メタリック」「グレーβ」「シンプルβ」「メタリックβ」(6種類)のキーボードスキンを用意している。また、Simejiはオンラインから好みのキーボードスキンをインストールできる。

 GALAXY SとGALAXY TabのiWnnとPOBox Touch 3.0にはキーボードスキンの設定は用意されていない(Xperia arc SO-01Cが採用するPOBox Touch 4.0ではキーボードスキンが用意される)。また、「SIRIUS α IS06」「DELL Streak 001DL」「Libero 003Z」のiWnnには「キーボードイメージ」の項目があるが、初期状態では1つしかプリセットされていない。

 多言語対応が容易なのも、ソフトウェアキーボードのメリットといえる。日本語と英語以外の言語で入力できる機種は多い。GALAXY Sと「GALAXY Tab」は入力方法の「Samsung keypad」から、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポーランド語、ポルトガル語、スペイン語などを利用できる。001DLの「Androidキーボード」はドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語の入力に対応している。003Zは中国語の入力も可能だ。Xperiaは「入力方法」から中国語と韓国語キーボードを選べるほか、「スタンダードキーボード」からイタリア語、インドネシア語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語など多彩な言語を選べる。

●意外と差がある? テンキーの応用操作を試す

 テンキーを応用した操作についても見ていこう。

 「T9」や「ケータイShoin」は、「だかま」で「ドコモ」という具合に、母音が「あ」の文字だけを入力して変換できる「ワンタッチ変換」に対応していた。今回取り上げた日本語入力システムでは、いずれもワンタッチ変換は利用できない。フリック入力でカバーできるとはいえ、ワンタッチ変換の方が確実に入力できる感もあるので対応を望みたい。

 ケータイではおなじみの、かな入力から英数カナに変換できる操作は、iWnn、ATOK、OpenWnnフリック対応、POBox Touch 3.0いずれも対応しているが、Simejiは英字の変換はできない。数字を変換すると、「時」「分」「年」などの単位を連携する操作はSimeji以外、「1111」なら「1」キーを4回連打するなど、同じ数字をカーソル移動せずに入力する操作はOpenWnnフリック対応版以外で利用できる。ATOKとOpenWnnフリック対応版は、1度かなから変換した英数カナは、以降はかな1文字を入力するだけで予測しれくれるが、他は数字のみが同様の方法では予測されなかった。

 1文字を入力後に、「→」ボタンを押した回数に応じて変換候補が変わる「ワイルドカード予測」は、iWnn対応機種とOpenWnnフリック対応版で利用できる。「あ」を入力後に「→」を4回押すと「ありがとう」が候補に表れるという具合で、文字数の多い単語ほど効率よく入力できるだろう。

 意外と対応機種が少ないのが、英字入力後に半角スペースが空く仕様をオフにできる設定。この中で対応しているのはATOK、POBox Touch 3.0、OpenWnnフリック対応版のみ。iWnnで自動スペースをオフにできる機種はこの中にはない。自動スペースをオフにすれば、ログイン画面でメールアドレスやアカウントなどを入力する際に、スペースが空くたびにクリアキーで削除する手間が省ける。

●QWERTYキーボードの使い勝手は?

 POBox Touch 3.0ではQWERTYキーを快適に使えるよう豊富な工夫が施されている。その1つが「アシストキーボード」で、「A」「I」「U」「E」「O」の母音キーを大きく表示する「ワイド」、次に入力されるキーのみを表示する「ハイライト」、ワイドとハイライトを合わせた「ダイナミック」の3種類から設定できる。さらに、ローマ字入力で使う必要のない「Q」「L」「X」「C」「V」を非表示にして、他のキーをより大きくすることもできる。これなら「片手持ちで縦画面」という条件でも入力できそうだ。

 シャープ端末のiWnnにも、アシストキーボードに似た「ローマ字キーボード補助」という設定が用意されている。これをオンにすると、QWERTYキーで日本語入力をする際に、不要なキーがグレーアウトする。ただ、POBox Touch 3.0のように母音キーを大きくしたり、キー自体を非表示にするといった設定はない。

 QWERTYキーは「かな」「英字」「数字」の3パターンを切り替えて利用する機種がほとんどだが、ATOKだと数字と英字が1画面に表示されるので、パスワード入力などの際に、文字種を切り替える手間を省けて便利だ。Simejiでは、設定の「英語ソフトキーボード」を「拡張フルキーボード」にすると、数字と英字が1画面に表示される。

 こうして見ていくと、入力機能のすべての項目に対応した“万能な”日本語入力システムはないことが分かる(もちろん、今回取り上げた項目がすべての側面ではないが)。iWnn対応機を比べると、入力ミス補正や自動カーソル移動、ローマ字キーボード補助など、シャープ端末が他の機種よりも工夫が施されていると感じる。ATOKは、多彩なフリック・ジェスチャー入力や優れた英数カナ変換、数字+アルファベット付きQWERTYキーなど、iWnnとは違ったアプローチで工夫されている。また、QWERTYキーの使い勝手はPOBox Touch 3.0にも一日の長がある。POBox Touchのように、iWnnやATOKもバージョンアップでさらに使い勝手が向上することに期待したい。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110311-00000034-zdn_m-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/12(土) 17:34:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【地震】情報を配信しているTwitterアカウント、各社サイト | ホーム | YouTubeが大規模採用計画……スタッフ数を30%引き上げ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/125-b3b9e33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。