インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被害、安否、復旧、医療、義援金…災害関連情報サイトが活躍中

ダイエットもインターネットで出来るんじゃないかなと思う昨今です。自分は、一日一食を心がけています。ものすごく食べ過ぎるくせがあるので、一食にしているんですが、イレギュラーで、どうしても食べなければならない状況が出てくるので、それを想定して一食にしておくと楽。やはり食べ過ぎると苦しくて気分も害する時があるし・・・
【 楽モテダイエット 】●冊子● 人生で唯一のダイエット法 ● 発売記念特別価格 ● 90日間で31,7kgの減量に成功したダイエット法 ☆


s0107【楽販アフィリオ】本格陶芸講座


最近、ファミコンを突然やりたくなって、那覇にあるリサイクルショップに行ったのだが、結構高かったので、一時断念。しかも、自宅のテレビに接続できるかが不安だったので。。。小学生の頃、ファミコンにハマっていたんだけど、自分の叔父さんが自分の部屋でひたすらやってる姿が週に3回くらいあって、懐かしく思いだしました。今は、プレステ2で、「真三国無双4」をやっていて、楽しい限り。昔ハマっていたものにはやはりいまでも同じ臨場感で出来るのは不思議。自分が初めて買ったパソコンはMac。いまでもmacは問題なく触れたりする。ゴルフはそうは行かなかった。高校大学とゴルフはハマっていたんだけど、いいスコアも出していたくらい。アメリカにもゴルフ修行行ったことあるけど、今は10年も離れていて、トラウマのようになっていて、誘われてやってみたけど、全然ダメ!やっぱり自分はアウトドアはではなくて、インドア派。PCや、テレビ・ゲームに向かっている方が性に合うのかな。

 インターネット上では、官公庁や団体、企業が公式サイトを活用し、必要な災害関連情報を発信し続けている。

 災害の被害状況や避難指示については、ミニブログ「ツイッター」の総務省消防庁のアカウント(http://twitter.com/FDMA_JAPAN/)が迅速に情報を発信している。

 また、米大手検索会社「グーグル」は、世界の大災害時に立ち上げる「クライシス・レスポンス」(http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html/)を11日に日本の災害を初適用。気象庁による警報・注意報や災害掲示板、避難情報、停電情報、交通機関の運行情報などへのリンクをなどをまとめている。安否確認をできる「パーソン・ファインダー」も設置した。

 阪神淡路大震災を機に設立されたコミュニティー活動支援型地域SNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)「ひょこむ」(http://hyocom.jp/community/?bbs_id=506/)は、東北地方各地の生活支援情報などを紹介。行政・企業、NPO(非営利特定)法人などからなる草の根運動だ。

 東北地方の県ごとに分けて、ツイッターの情報を表示するのは、「セーブ・ジャパン!」(http://savejapan.simone-inc.com/)。「がばったー」(http://govtter.openlabs.go.jp/tohoku/)は、東北地方の自治体ごとのツイッターアカウントを一覧表示。自治体が更新していれば、引き出し可能なATM(現金自動預払機)のリストや停電、断水・給水情報などについて細かい情報を知ることができる。

 3大SNSのひとつ「ミクシィ」では、会員が「東北地方太平洋沖地震情報」(http://mixi.jp/view_community.pl?id=5522501/)で会員向けの県別被災地情報のコミュニティーを立ち上げた。医師によるボランティアコミュニティー「東北地震・医師による健康相談室」(http://mixi.jp/view_community.pl?id=5523361/)も。

 安否確認サイトとしては、ツイッターの解析サイト「まちツイ」が「ツイッター安否確認システム」(http://machi.userlocal.jp/)を用意。宮城、福島、岩手、茨城の各県のツイッターユーザーが東日本大震災以降にコメントを投稿していれば、「更新!」のマークを表示する。

 医療救急医療については、厚生労働省による「広域災害救急医療情報システム」(http://www.wds.emis.go.jp/)が詳しい。医療機関検索ができるうえ、救命救急、応急手当ての予備知識を紹介。災害対策マニュアルや災害救急で頼れるリンク集を表示している。

 ツイッターなどのSNSから個人が発信する情報の中には、事実関係が不確実なものもあるので、慎重に受け止める必要がある。ツイッターの公式ブログは12日、「東北地方太平洋地震に関して」(http://blog.twitter.jp/2011/03/blog-post_12.html/)で、災害情報の伝達手段としての使い方をユーザーに説明するとともに、「正しい情報の拡散」を求めている。

 一方、ネット義援金も活発。プラットホームやSNS、共同購入型クーポンサイトなど多数が立ち上げている。これも、寄付先や決済システムなどを理解した上で利用する必要がある。

 主な受付先は、以下の通り。

■ヤフー

http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html/

■ニフティ

http://donation.nifty.com/tokusetsu/service/tokusetsu1/

■goo

http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

■はてな

http://d.hatena.ne.jp/hatenacontrib/20110312/1299904670/

■ミクシィ

 http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284/

■グルーポン

http://www.groupon.jp/cid/7995/

■KAUPON

http://kaupon.jp/tokyo/deals/gienkin/?uiaid=api/

■TSUTAYA

http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88&scid=p0224dns/


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000748-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【恋スキャFX】 FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック

スポンサーサイト
  1. 2011/03/12(土) 23:44:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/12のツイートまとめ | ホーム | 【地震】情報を配信しているTwitterアカウント、各社サイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/127-bf19e145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。