インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【地震】グーグル、被災地向けに「避難所名簿共有サービス」開始……メールすれば名簿を公開





s0073【楽販アフィリオ】幸せマニュアル~あなたは幸せエネルギー100%~



COACHのブランド直営店で年中いつでも50%オフでバッグや財布、腕時計等を買う方法!


 グーグルは14日、被災地向けに「避難所名簿共有サービス」を開始した。避難所の名簿の公開を呼びかけている。
【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】
 避難所にいる人たちの名簿を、グーグルを通して、広く公開しようという試み。名簿を写真に撮って携帯でメールするだけで、Googleの写真共有サービス「Picasa」を使って、インターネットで公開できる。グーグルでは「いま、避難所にいる皆さん。避難所の名簿のコピーを管理している皆さん。避難所にいる方の名簿をGoogleを通して公開していただけませんか? 皆さんのご家族、ご友人が心配しています」と呼びかけている。

 すでにいくつかの名簿が公開されている。なお名簿の公開に際しては、避難所の管理責任者の承諾を得ることが望ましい。またGoogleが関係ないと判断した写真は削除する。

■手順
1. まず名簿(手書きも可)の写真を携帯電話のカメラで撮影。
 携帯にGPS機能が付いている場合、位置情報を添付すると、
 Picasa上で地図といっしょに表示できる。
2. メールの件名に、避難所名を設定する。
 件名に入力した避難所名が、Picasa上で自動的に画像の説明に入力される。
3. メールに添付して、「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」まで送信。
 自動的にPicasaWebアルバムにアップロードされる。
 複数の画像の同時童心も可能。
4. 送信された画像は、Picasa「Webアルバム(goo.gl/ganbare)で確認可能。

 なお投稿された情報については今後、Googleがすでに提供している「パーソンファインダー(goo.gl/sagas)」に入力し、検索可能にする予定。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000004-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【恋スキャFX】 FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック

スポンサーサイト
  1. 2011/03/14(月) 09:55:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GoogleがChrome 10の新たな更新版を公開、ハッキングコンペで発覚の脆弱性に対処か | ホーム | Adobe、『Android』用『Flash Player 10.2』リリースへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/133-ca7d6dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。