インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

避難所名簿の共有サービス、Googleが公開





s0164【楽販アフィリオ】社労士とハローワーク職員が作った失業保険(雇用保険)教本。国から莫大な失業給付金を受け取って、前職より待遇の良い会社へ就職する方法


イタリアセリエA「インテル」に移籍した長友選手の活躍が嬉しいです。私はJリーグ発足時からサッカーファンになったんですが、これほど凄いことは見たことないと思います。中田英寿さんでも成し得なかったビッククラブへの移籍と、移籍直後からほぼレギュラー扱いですし、昨日のゲームでは、本来の左サイドバックではなく、右サイドバックをやるなど、チームからの信頼をしっかりとキャッチしてますね。本当に素晴らしいと思います。一試合でも多く、出場して日本サポーターをわくわくさせて欲しいものです。長友選手は怪我をしないのが凄いと思う。昨年のワールドカップからインテル移籍までほとんど休みなくフル出場して、怪我なしってすごい。

 東北地方太平洋沖地震を受け、Google日本法人は3月14日、避難所の名簿写真をユーザーから集め、ネットで共有・公開するサービスをスタートさせた。被災者の所在を家族や友人が確認するのに役立ててもらう。

 避難所名簿を写真に撮って「tohoku.anpi.google@picasaweb.com」あてにメールで送ると、自動でPicasaウェブアルバムにアップロードし、全体公開する。写真を1度に複数枚送ってもOKだ。アルバムのURL(短縮)は「goo.gl/ganbare」。

 メールの件名に避難所名を記しておけば、Picasa上では写真のキャプションとして公開される。位置情報付きの写真を送れば、Picasa上で地図と一緒に表示する。

 名簿は避難所の管理責任者の承諾を得た上で送るよう求めている。投稿された情報は、Googleが消息情報を登録・検索できる「Person Finder」に入力し、検索できるようにすることがあるとしている。

 同社はブログで「未曾有の大地震と津波の被害に遭われた皆さまのために私たちができることができないか、ずっと考えています。その中で、ひとつのアイデアを実行に移すことにしました」と記している。【ITmedia】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110314-00000010-zdn_n-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/14(月) 12:12:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Chromeセキュリティチーム、Chrome 10の安全性を主張 | ホーム | GoogleがChrome 10の新たな更新版を公開、ハッキングコンペで発覚の脆弱性に対処か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/135-21b7429d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。