インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows Azureサービスに関してIT管理者が知っておくべきこと





アフィリエイトコード付ブログ記事自動生成&ブログ自動投稿ソフト『ブログ自動投稿send君sp』複数ブログ投稿可能型seo対策&アクセスアップ支援ツール付被リンク外部リンクで万全seo対策


イタリアセリエA「インテル」に移籍した長友選手の活躍が嬉しいです。私はJリーグ発足時からサッカーファンになったんですが、これほど凄いことは見たことないと思います。中田英寿さんでも成し得なかったビッククラブへの移籍と、移籍直後からほぼレギュラー扱いですし、昨日のゲームでは、本来の左サイドバックではなく、右サイドバックをやるなど、チームからの信頼をしっかりとキャッチしてますね。本当に素晴らしいと思います。一試合でも多く、出場して日本サポーターをわくわくさせて欲しいものです。長友選手は怪我をしないのが凄いと思う。昨年のワールドカップからインテル移籍までほとんど休みなくフル出場して、怪我なしってすごい。

 Microsoftがクラウドコンピューティングへの「全力投球」を表明していることはよく知られており、開発者がチェックすべき情報、コード、機能はたくさんある。しかしIT管理者にとっては、クラウドというのは何か自分の守備範囲の外にあるもの、つまり自社が費用を負担するけれども、IT管理者が直接コントロールできない存在のように感じられるようだ。

 ITプロフェッショナルにとって、Windows Azureが何を意味するのかを明解に述べた説明はあまり多くないのが実情だ。本稿ではITの視点からAzureのライフサイクルを捉え、クラウドコンピューティングの世界とIT部門がどのように結び付くのかについて解説する。

●まずAzureの基本を理解する

 Windows Azureを簡潔に説明すれば、それはMicrosoftが運営する環境であり、そして開発者はハードウェアの指定、需要増大への対応、各種機能を管理するスタッフの確保といった問題を心配せずに、どこでも動作するアプリケーションを作成できるというものだ。Azureは基本的に、サービスのプロビジョニングとコンピュータの管理というレイヤーを開発プロセスから抽象化するため、開発者はリソース、マシン、動作状態などを気にせずにAzureプラットフォーム向けのアプリケーションを構築できる。

 企業にとっては、このプラットフォームは使った分(すなわちMicrosoftのリソースを自社のために使用した時間)だけ料金を払えばよいのが魅力だ。インターネットに接続したアプリケーションを運用するための初期投資が最小限で済むからだ。

 Azureプラットフォームは3つの主要部分で構成されている。

<ファブリック>

 ファブリックとは基本的に、Windows Azureプラットフォームの実行用として用意されたMicrosoftの全てのマシンのネットワークだ。ここで「ネットワーク」という言葉を使うのは少しためらわれる。というのも、Azureの機能セットには、Azureインスタンスと仮想マシンロールの間で仮想ネットワークをセットアップする機能が含まれているからだ。しかし今のところ、ファブリックとは、全世界に分散したAzureプラットフォームにサービスを提供するためにMicrosoftのデータセンターに用意された膨大な数のマシンの集合だとイメージしていただきたい。

<ストレージ>

 Azureのストレージは、テーブル、キューおよびBLOB(Binary Large Object)に加え、「Windows Azure Drive」と呼ばれる独自の機能で表現される。

 テーブルは、構造型データを格納するのに用いられるコンテナにすぎず、従来のデータベースで用いられるものとほぼ同じだ。キューは、メッセージングコンポーネントとして利用される。アプリケーションはキューにメッセージを送信しておき、後でそのメッセージを取り出し、その内容に応じた処理を行える。つまり、キューは非同期通信を可能にするための仕組みだ。ストレージにはBLOBを含めることができる。BLOBは、メディア、画像、テキスト、ドキュメント、プログラムなど、どんな形式のデータであってもよい。Windows Azure Driveというのは基本的に、NTFSボリューム(ディスクなど)をマウントするための機能であり、ITプロフェッショナルであればその仕組みを容易に理解できるだろう。

<APIとSDK>

 これは開発者が作業を行うためのレイヤーだ。すなわち、基盤となるファブリック上で動作するカスタム機能を開発するための環境であり、これによりアプリケーションがWindows Azure全体でシームレスに機能することが可能となる(※)。

※これは、アプリケーションの一部はMicrosoftの本拠地レドモンドにあるマシン上で動作し、同じアプリケーションの別のスレッドがシカゴにあるマシン上で動作しているようなものだと考えていただきたい。他の環境向けにこういったプログラムを書くのは悪夢のようなものだが、Azure環境では物理的距離が抽象化されるので、開発者がそれを意識する必要はない。

●ITプロフェッショナルの役割

 面倒な処理はクラウドに任せればよいとはいえ、ITプロフェッショナルおよび管理者の役割としては、独自に開発したアプリケーションを配備し、その運用状況を常に監視することがある。Azureプラットフォーム上で運用される顧客向けおよび社内向けのアプリケーションに対する需要を予測・管理する必要もある。さらに管理者は、データのセキュリティ、不正アクセスの防止、アプリケーションとデータのバックアップにも気を配らなければならない。これはオンプレミス型システムの場合と同じだ。

 この他にもITプロフェッショナルの役割として、Windows Azure内でアプリケーションをセットアップ・構成することがある。この作業には主としてAzureコントロールパネルを使用する。必要に応じて技術サポートも活用するといい。また、アプリケーション自体は一般に自己管理型ではないので(超一流の開発チームを抱えている企業であれば別だが)、既存のオンプレミス型アプリケーションと同様、アプリケーションのコード管理も行う必要がある。

 ではWindows Azureで何が変わるのかと言えば、それは人的資源の活用形態だ。Azureを利用することにより、管理者は標準的なハードウェアおよびソフトウェアの管理から解放され、その分を、提供するサービス品質および自社のビジネスに対応したITの品質の管理と改善に振り向けることができる。これこそがWindows Azureの導入を判断する意思決定者にとっての最大の魅力なのだ。

 もちろん、この分野ではMicrosoftが唯一の選択肢ではない。米Amazon.comや米Googleも同様に、アプリケーションを開発・運用・管理するためのサービスとプラットフォームを提供している。このため、各種のクラウドコンピューティングプラットフォームが、ITプロフェッショナルとしてのあなたの役割と責任にどう影響するかを見極めることが大切なのだ。

 クラウドは一時的なブームではない。つまり、ITプロフェッショナルはそれに対応する準備をしなければならないということだ。

※関連記事:Windows Azureへの移行を誘うMicrosoftの巧みな手段

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000010-zdn_tt-secu
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 11:15:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/14のツイートまとめ | ホーム | Honda、パイオニア、Googleが協力、東北地方の「自動車・通行実績情報マップ」を公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/142-506c20dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。