インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グーグル、年末までにAppsへオフライン機能を追加





s0141【楽販アフィリオ】週末副業で300万円!あなたの収入をガンガン加速させる「プチリッチモンスター」



FXプロフィット・アクセレレータ


 米国Googleの上級カンパニー・ディレクターは3月16日、同社が2011年末までに生産性ソフトウェア「Apps」のオフライン保存機能を復活させるべく動いていることを明らかにした。

 GoogleはWebベースのアプリケーション「Google Docs」で、コンテンツをユーザーのデスクトップ上に保管できるようにし、Microsoftの「Word」といったデスクトップ・クライアント・アプリケーションと同様の使い勝手を実現していた。これを可能にしていたのが、「Gears」と呼ばれるオープンソース・ブラウザ・プラグインである。同プラグインによって、すべてを検索できるデータベースとJavaScriptのローカル・スクリプトが生成され、アプリケーションはオフラインでも動作できた。

 だがGoogleは2010年5月、Google Docsからこうした機能を取り除き、Gearsに含まれるのと同種だがHTML5規格を使用する機能へ移行することにした。「Gmail」および「Calendar」製品のオフライン機能はそのまま維持された。

 HTML5への取り組みは今も進んでいる。Google Enterpriseの製品管理ディレクター、マシュー・R・グロツバック(Matthew R. Glotzbach)氏は同社のロンドン支社で記者会見を開き、「近いうちにAppsスイートにもオフライン機能が復活するだろう」と語った。

 Docsからオフライン機能を排除したことにより、競合するMicrosoftのデスクトップ・スイート「Office」などフル機能を装備した製品に対するAppsスイートの競争力は低下したおそれがある。Appsスイートには、ワード・プロセッシング、スプレッドシートなど多くの機能が含まれている。

 とはいえ、長い目で見ればHTML5への移行は賢明な判断だ。今日のブラウザの大半が、現在では同規格をサポートしているのである。

 Googleは、Appleの「iPhone」を含むデバイス向けのGmailをすでにHTML5に対応させた。「Safari」ブラウザはHTML5と互換性があり、ユーザーはオンライン時にGmailをダウンロードし、インターネットに接続できない間もアクセスすることができるとグロツバック氏は説明した。

(Jeremy Kirk/IDG News Serviceロンドン支局)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000005-cwj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/17(木) 22:54:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/17のツイートまとめ | ホーム | 被災地の避難所や給水所の情報を登録・検索できるサービス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/169-53a02c12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。