インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google の「被災地生活情報」が PC からの投稿に対応





格安!ブログ記事作成代行(外注)サービス ブログ記事代行本舗の「楽~る!!」2800


最近、ファミコンを突然やりたくなって、那覇にあるリサイクルショップに行ったのだが、結構高かったので、一時断念。しかも、自宅のテレビに接続できるかが不安だったので。。。小学生の頃、ファミコンにハマっていたんだけど、自分の叔父さんが自分の部屋でひたすらやってる姿が週に3回くらいあって、懐かしく思いだしました。今は、プレステ2で、「真三国無双4」をやっていて、楽しい限り。昔ハマっていたものにはやはりいまでも同じ臨場感で出来るのは不思議。自分が初めて買ったパソコンはMac。いまでもmacは問題なく触れたりする。ゴルフはそうは行かなかった。高校大学とゴルフはハマっていたんだけど、いいスコアも出していたくらい。アメリカにもゴルフ修行行ったことあるけど、今は10年も離れていて、トラウマのようになっていて、誘われてやってみたけど、全然ダメ!やっぱり自分はアウトドアはではなくて、インドア派。PCや、テレビ・ゲームに向かっている方が性に合うのかな。

Google ジャパンは2011年3月18日、被災地で必要な物資などの情報を共有する「被災地生活情報」ページをアップデートした、と発表した。

今回のアップデートで、携帯電話に加え、PC からも情報が投稿できるようになったそうだ。

アクセス方法は PC が http://resource-info.appspot.com/pc/ から、携帯電話は goo.gl/keitai から。QR コードからもアクセスできる。

掲載されている主な情報は、ガソリン供給、ゴミ、トイレ、携帯電話・公衆電話、病院・医療機関、給水・炊き出し・日用品、車両通行止め箇所、銀行、風呂・洗髪、食料・日用品。

「被災地生活情報」プロジェクトは、Google 災害情報チームと、被災地で生活情報を収集している @upyon 氏のチームとが協同で、Google App Engine 上で開発を開始したという。

「被災地生活情報」ページに掲載された情報は、一般ユーザーからの情報をもとに作成されている。情報は随時アップデートされるが、Google では、ユーザーから寄せられた情報をそのまま掲載しており、個々のデータについては確認していない、とのこと。

このプロジェクトの裏では、多くの Google 外のボランティアが日夜データの追加と更新を行っているそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000022-inet-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/22(火) 18:21:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<首都大院生が「計画停電MAP」開発?東電の資料をビジュアル化 /東京 | ホーム | 『あいのり』風に行くグアム旅行モニターが人気 倍率は300倍>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/215-60a35a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。