インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

YouTubeの動画編集機能を強化、クラウドで手ぶれ動画補正、3D変換ツールも





s0122【楽販アフィリオ】【ホリエモンブログ】で紹介されました!【せどり】でリッチ☆に!せどりツール【せどリッチforcd】


イタリアセリエA「インテル」に移籍した長友選手の活躍が嬉しいです。私はJリーグ発足時からサッカーファンになったんですが、これほど凄いことは見たことないと思います。中田英寿さんでも成し得なかったビッククラブへの移籍と、移籍直後からほぼレギュラー扱いですし、昨日のゲームでは、本来の左サイドバックではなく、右サイドバックをやるなど、チームからの信頼をしっかりとキャッチしてますね。本当に素晴らしいと思います。一試合でも多く、出場して日本サポーターをわくわくさせて欲しいものです。長友選手は怪我をしないのが凄いと思う。昨年のワールドカップからインテル移籍までほとんど休みなくフル出場して、怪我なしってすごい。

 米Googleは21日、YouTubeで提供しているクラウドベースの動画編集ツール「YouTube Video Editor」の新機能を発表した。

 まず、「Stabilizer」機能は、手ぶれした動画をクラウドベースの演算処理で補正できる機能で、ボタンをクリックするだけでその動画を滑らかにできるという。YouTubeの公式ブログでは、同機能の適用前・適用後のサンプルを掲載してその効果をアピールしている。ただし、このサンプルでは、ぶれを吸収した分、周辺部が削られ、元の動画よりも写っている範囲がかなり狭くなっているようだ。

 これに加えて、2台のビデオカメラで撮影したサイドバイサイドの動画を同期・結合させ、3Dフォーマットに変換するツール「YouTube 3D Video Creator」も公開した。


【INTERNET Watch,永沢 茂】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000007-impress-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/24(木) 10:28:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネットワーク接続に対応した新型ScanSnap「ScanSnap N1800」を試す(前編) | ホーム | 「YSlow for Chrome」登場、Web開発者に人気のパフォーマンス分析機能>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/239-03967f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。