インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なりすましで認証局にログイン、電子証明書を不正発行





s0102【楽販アフィリオ】本格ジェルネイル講座


イタリアセリエA「インテル」に移籍した長友選手の活躍が嬉しいです。私はJリーグ発足時からサッカーファンになったんですが、これほど凄いことは見たことないと思います。中田英寿さんでも成し得なかったビッククラブへの移籍と、移籍直後からほぼレギュラー扱いですし、昨日のゲームでは、本来の左サイドバックではなく、右サイドバックをやるなど、チームからの信頼をしっかりとキャッチしてますね。本当に素晴らしいと思います。一試合でも多く、出場して日本サポーターをわくわくさせて欲しいものです。長友選手は怪我をしないのが凄いと思う。昨年のワールドカップからインテル移籍までほとんど休みなくフル出場して、怪我なしってすごい。

 SSL電子証明書を発行するコモドは3月23日、侵入を受け、その結果不正に電子証明書を発行したことをブログで明らかにした。同社はその後、これらの証明書を失効させたが、MicrosoftやGoogle、Yahoo!といった9つのサイトが影響を受ける恐れがある。

 電子証明書は、Webブラウザでアクセスしたときに「そのWebサイトが本物である」ことの確認に利用できる。だが、こうした不正な証明書が利用されると、フィッシング詐欺やDNSポイズニングなどで偽のサイトに誘導されても、その真偽を確かめることが困難になる。

 例えば、ユーザー当人はSkypeのサイトにアクセスしているつもりでも、実際には偽のサイトに誘導されており、証明書を使ってもそれを確認できない事態が考えられる。この結果、ユーザーIDやパスワード情報を盗み取られたり、それを使ってWebメールを盗み見られる可能性がある。また、信頼できるサイトと思いこんで、エクステンションのつもりでマルウェアをインストールさせられる恐れもある。

 今回の不正侵入で発行された証明書は、Gmailに利用される「mail.google.com」、Hotmailなどで利用される「login.live.com」のほか、「www.google.com」「login.yahoo.com」「login.skype.com」「addons.mozilla.org」など。すでにコモドはこれらを証明書失効リスト(CRL)に載せている。ただ、情報が伝わるまでに時間がかかる可能性があるため、マイクロソフトではセキュリティアドバイザリ(2524375)を、MozillaもFirefox 3.6.16/3.5.18をリリースし、この問題に対応した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000000-zdn_ait-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【恋スキャFX】 FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック

スポンサーサイト
  1. 2011/03/24(木) 18:19:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<SSL認証局が偽の証明書を発行、大手サイトに影響の恐れ | ホーム | Google、オンラインマガジン「Think Quarterly」を創刊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/246-60c651b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。