インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被災時緊急連絡用アプリを無償提供、日本デジタルオフィス





s0148【楽販アフィリオ】体を温めて発毛させる!hsp発毛プログラム!






 日本デジタルオフィスは3月18日、日本マイクロソフトと協力して、携帯電話およびスマートフォン向けの被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」(ジェイ レスキュー)を開発し、無償提供を開始した。

 携帯電話用のWebサイトとAndroid版アプリは3月18日から、iPhone版アプリは3月24日から使えるようになっている。Windows Phone 7版も、今後提供する予定だ。

 J!ResQを使うことによって、被災者は自身の位置情報と音声を、あらかじめ登録した最大5つのメールアドレスに同時に自動送信できる。あらかじめ送信先のメールアドレスを登録しておくことで、アプリの起動からメール送信までを15秒以内に完了することが可能。数回の操作のみで完了するため、被災時に身動きが取りにくい状況でも利用しやすいという。

 J!ResQで送信した位置情報と音声(10秒間)のデータは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Windows Azure」に自動的に蓄積する。このため、J!ResQのメール送信先に入っていない人でも、安否検索用のWebサイト上で発信者のメールアドレスを検索することで、被災者の消息を確認できる。安否検索用のWebサイトもスマートフォンと携帯電話に対応している。

 アプリは、メールに発信者の位置情報(緯度経度)を添付するので、メール受信者は発信者の位置を、地図アプリ「Bing Maps」「Googleマップ」上でも視覚的に把握できる。

 日本デジタルオフィスは、代表取締役が神戸での阪神・淡路大震災被災を契機に、震災から2年後の1997年1月17日に創業した会社だ。企業や個人における情報資産の有効活用を目指して、これまでさまざまなソフトウェアを開発・提供してきた。

 今回の東北関東大震災を受けて、阪神・淡路大震災での被災経験と、日本デジタルオフィスのスマートフォン向けのソフトウェア開発力を生かして、被災者の役に立てるようにJ!ResQの開発と提供を決定。日本マイクロソフトやオープンソースの開発者コミュニティ「Windows Maniax」の呼びかけで参画したボランティアの協力の基、開発開始から5日間でJ!ResQを完成させたという。

 両社では、日本発の防災アプリとして、J!ResQを世界各国で利用できるように、多言語対応も予定している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000001-zdn_ait-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


自動化SEOツール バックリンク獲得自動化ソフト 【アクセスM】100URLバージョン!!

スポンサーサイト
  1. 2011/03/29(火) 10:01:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイクロソフト、「Bing」のソーシャル機能を強化 | ホーム | ニコニコ静画でも「週刊少年ジャンプ」無料配信、Mac OSからも閲覧可能>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/306-7b7376c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。