インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google検索1位~10位のクリック率は?





s0121【楽販アフィリオ】【ホリエモンブログ】で紹介されました!【せどり】でリッチ☆に!最強せどりツール【せどリッチforgame】



FXプロフィット・アクセレレータ


Yahoo! やGoogleなどの検索ページで、自分のサイトを検索結果の上位に表示させるための対策が「検索エンジン最適化」。「我がサイト、我が店、我が商品を検索サイトのより上位に!」と、「SEO(Search Engine Optimization)」とも呼ばれるこの作業に頭を悩ませているサイト運営者は多いと思うが、『海外SEO情報ブログ』の鈴木謙一氏が、「Google検索結果1位~10位それぞれのクリック率」というデータを『Web担当者Forum』で紹介している。

鈴木氏が紹介しているのは、海外サイト『Agent SEOブログ』が昨年12月に発表した記事。 同記事は、「AOLから流出したデータ(06年)」「米・コーネル大学の調査データ(04年)」「米・ブランドソフテック社の計測ソフトを使ったデータ(年度表記無し)」という3つのデータを紹介している。

3種類のデータを精査すると、クリック率のTOPは当然のごとく「検索結果1位」で、3種の調査とも「1位」のクリック率は「2位」を約1.8~4倍も上回っている。そして以下、2位、3位、4位と下がるにつれてクリック率は急降下するが、5位~10位では順位とクリック率が正比例しなくなる。とりわけ注目に値するのは、3つすべての調査で9位よりも10位のクリック率の方が高くなっていることだ。これは検索サイト1P目で10位まで表示することが多く、次のページへ遷移するボタンも一番下にあることが多いので、目につきやすいためと推察される。

この結果を見たツイッターユーザーからは、「やはり1位を狙わないとだね」「これは参考になります」などの声が漏れている。昨年、『japan.internet.com』が行った「検索結果は何ページまで見ていますか?」という調査でも75%以上の人が「3ページ以内」と答えている。やはりビジネスマンにとってSEO対策は必須のもののようだ。

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110401-00000006-rnijugo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/01(金) 10:57:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Googleが顔認識で個人情報DBを検索できるアプリを開発中か - 米報道 | ホーム | アイシェア、スマートフォンアプリの認知向上に特化した PR サービスを開始>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/335-068bf681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。