インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

au、WiMAX対応でテザリング可能なAndroid端末「ISW11HT」





s0141【楽販アフィリオ】週末副業で300万円!あなたの収入をガンガン加速させる「プチリッチモンスター」



FXプロフィット・アクセレレータ


 KDDI、沖縄セルラーは、WiMAXに対応したAndroid 2.2搭載のHTC製端末「htc EVO WiMAX ISW11HT」を4月上旬に発売する。
【拡大画像や他の画像】
 「ISW11HT」は、WiMAXをサポートし、理論値として下り最大40Mbps、上り最大10Mbpsの速度でパケット通信が行えるHTC製のAndroid端末。WiMAXはUQコミュニケーションズのエリアで利用できる。通信方式ではこのほか、CDMA 1X WIN(CDMA 1x EV-DO Rev.A)、無線LANとしてIEEE802.11b/g/nが利用可能。端末からWiMAXへの接続は「+WiMAX」と呼称しており、「ISW11HT」は「+WiMAX」対応スマートフォンとしている。

 同端末の料金プランは、従来のスマートフォン向け料金プランとパケット定額プランを利用できる。WiMAXに接続した月は、パケット通信料に加えて「+WiMAX」月額利用料(月額525円)が発生する。WiMAXに接続しなかった月は、「+WiMAX」月額利用料は発生しない。購入月と翌月は「+WiMAX」月額利用料が無料。また、2011年8月までは「+WiMAX」月額利用料が無料になるキャンペーンも実施される。

 WiMAXへの接続は無線LAN同様にウィジェットなどからオン・オフを設定できる。すべての通信方式が有効になっている場合、接続の優先順位は、無線LAN→WiMAX→CDMA 1X WINの順番になる。WiMAXとほかの通信方式とのハンドオーバーはサポートされていない。

 同端末の通信量制限は、CDMA 1X WIN接続時のみ適用され、無線LANおよびWiMAX利用時の通信量は無制限。CDMA 1X WIN利用時は、月間5GBを超えた場合、WINの通信速度が月末まで一定速度以下に制限される。なお、この月間5GBの制限は、2012年1月までは適用されない。

 対応周波数帯は、800MHzおよび2GHz。800MHz帯は、KDDIが構築している新800MHz帯のみに対応し、KDDIの従来の800MHz帯はサポートされていない。新800MHz帯のカバーエリアは、同社のWebサイトで確認できる。なお同端末は、WiMAX、CDMA 1X WINともに国際ローミングはサポートされていない。

■ WiMAX、WINどちらでもテザリングが可能

 端末をルーターのように使えるテザリング機能が用意されるのも特徴。WiMAXに加えて、CDMA 1X WINのネットワークでも利用できる。テザリングの利用自体は別途利用料は不要。テザリング利用時のパケット通信はパケット定額サービスの対象で、例えば「ISフラット」であればパケット通信料は月額5460円の定額で利用できる。

 Wi-Fiテザリングでは無線LAN機器を最大8台まで接続でき、無線LANしかサポートしていない機器でも「ISW11HT」を経由してインターネットに接続することが可能。USBポートを備えるノートパソコンであれば、USBケーブルでパソコンと端末を接続して、パソコンをインターネットに接続できる。

 パケット通信中に着信があった場合の挙動は、無線LAN、WiMAX接続時であれば、パケット通信を継続しながら通話が可能。CDMA 1X WIN接続時は、ほかのauの端末でデータ通信を行う時と同様、着信と同時にパケット通信が一度遮断される。設定により、パケット通信中は着信しないように設定することも可能で、その場合、相手には、パケット通信中であるため通話を接続できない旨のガイダンスが流れる。

■ ハイスペックなグローバル端末、auサービスへの対応は限定的

 主な対応サービスは、Cメール(受信のみ)、Googleサービス、Skype au、jibe。Flashの表示がサポートされる。Android 2.3へのアップデートは未定。

 Cメールの送信は検討中、Eメール(EZweb)への対応は未定。KDDIがAndroid端末向けに提供しているコンテンツサービス「au oneマーケット」や、おサイフケータイにも対応しない。一方、3月末から提供される、Androidマーケットのキャリア課金サービスに対応する。

 独自のUIとして「HTC Sense 1.6」を搭載する。ディスプレイは4.3インチ、マルチタッチ対応、800×480ドット(WVGA)のTFT液晶。チップセットはクアルコムのMSM8650(Snapdragon)で1GHz駆動。800万画素のメインカメラ、130万画素のインカメラを備える。720p/25fpsのハイビジョン動画を撮影可能で、HDMI端子で映像を出力できる。Bluetoothは2.1+EDRで、最大32GBまでのmicroSDHCカードを備える。外部端子はmicroUSB。FMラジオもサポートされる。本体背面には、端末を卓上で横向きに固定できるスタンドが内蔵されている。

 連続待受時間は約340時間、連続通話時間は約290分。大きさは約67×122×12.8(最厚部13.8)mmで、重さは約170g。ボディカラーはブラックのみ。


【ケータイ Watch,太田 亮三】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000012-impress-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


自動化SEOツール バックリンク獲得自動化ソフト 【アクセスM】100URLバージョン!!

スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 11:19:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目的のファイルを作成日時から探せる「カレンダー型ファイラー」 | ホーム | Gmailで障害発生 一部ユーザーのメールなど消える>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/34-b3f3f781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。