インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【LinuxTutorial】モバイル用アプリはオープンソースライセンス違反?





s0173【楽販アフィリオ】アドセンスでシステマチックに稼ぐ最速戦略書 adsense systematic package






オープンソースソフトウェアを採用しているモバイルアプリは多いが、そのなかのいくつがオープンソースのライセンス規定に準拠しているのだろうか? 結局のところ、その多くは準拠していない。

オープンソースサービスベンダーの OpenLogic が実施した調査によると、Apple iOS と Google Android 用のアプリはその71%が準拠していないという。OpenLogic は Apple の App Store や Google の Android Marketplace などで公開されている635種類のアプリを有償/無償を問わず調査した。調査対象となった635種類中52種類のアプリには Apache のライセンスを受けたコードが含まれ、16種類には GPL / LGPL ライセンスを受けたコードが含まれていた。

GPL/LGPL も Apache オープンソースライセンスも開発者がライセンス条文のコピーを提供しなければならない。GPL/LGPL では、ソースコードを入手する手段を開発者がユーザーに提供するというライセンス規定もある。OpenLogic の「OSS Deep Discovery」というスキャニングツールを使うと、オープンソースが使用されているかどうかなどを特定できる。

OpenLogic の製品/マーケティング担当シニアバイスプレジデント、Kim Weins 氏は InternetNews.com に対し、「ライセンスが守られていないことには、それほど驚かない。開発者と企業はオープンソースの使用やライセンスへの準拠方法を完全に把握していない場合が多い」と語っている。

さらに「モバイルアプリには非技術系の企業各社も大量に参入してソフトウェアディストリビューターとなっている。これらの企業は、オープンソースライセンスへの準拠に関する法的な問題をあまり経験していない場合もある」と指摘した。

泣きっ面に蜂だが、OpenLogic の調査ではアプリにオープンソースが含まれていることを認識せずに EULA を用意しているようなアプリも複数あることが分かったという。

「開発者は認識していたものの、EULA の草案を用意した弁護士が認識していなかったという可能性はある。これは、われわれが提携する企業各社の間では非常によくあることだ。オープンソース使用の全体像を把握している人物が社内に一人もいないことも多い」と Weins 氏は語っている。

多くの企業は、適切なプロセスやツールを用意していない。そして、その状態を問題視していないこともあり、このようなことが起きるという。

「さらに、完全に異なるライセンスを受けたオープンソースソフトウェアをバンドルすることが多いというオープンソースソフトウェアの特性から、開発者でさえ自分たちのコードで使ったオープンソースのライセンスを見落とす場合がある」 と Weins 氏は語っている。

アプリ販売/配布サイトは、どこでもアプリを受け入れる前に何らかの審査を行う。そこで Weins 氏は、こうしたサイトが開発者たちのオープンソースコンプライアンスに対する認知度向上を積極的にリードすべきだとしている。

「こうしたサイトの開発者向け利用条件は、知的財産の問題が含まれるようになり、オープンソースコードも言及されているかもしれない。しかし、開発者がこの問題の内容と準拠の方法を理解するのに役立つ情報はほとんどない。さらに、オープンソースコンプライアンスの問題が浮上したアプリは、削除を求められる可能性が高い」と Weins 氏は語っている。

OpenLogic は、「OLEX App Store Edition」という製品を販売している。同製品には一連のツールが用意されており、、開発者が使えばアプリ販売/配布サイトへの申請前に自主調査を実行でき、サイトが使えばオープンソースコンプライアンスをトラッキングできる。

全体的に見て、OpenLogic によるモバイルアプリのオープンソースライセンスの準拠調査は認知度向上を目標とした活動だ。

Weins 氏は、「準拠していなかった企業やアプリの名前をわれわれが第三者に知らせたり公表したりすることはない。われわれは該当企業に情報を伝え、問題に対処してライセンスに準拠できるよう支援する」と語っている。

Sean Michael Kerner は、技術専門家向けネットワークであるInternet.comのニュースサービス、InternetNews.comの主任編集者。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000001-inet-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/04(月) 08:36:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mozilla の『Do Not Track』方式、AP が採用 | ホーム | 04/01のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/340-c589221c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。