インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『Google Chrome 11』ベータ版に2種の実験的拡張機能 API 搭載


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0111【楽販アフィリオ】【復縁女性版マニュアル】女性限定!『復活愛の極意!元カレと寄りを戻す方法』



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


『Google Chrome 11』がベータ段階に入っているが、これには2つの興味深い実験的 API が搭載されている。

『Web Navigation Extension API』および『Proxy Extension API』は、どちらも拡張機能開発者向けのもので、Chrome 上での次世代機能の実現を支援する。

Google のソフトウェア エンジニア、Dominic Battre 氏と Jochen Eisinger 氏は、Blog 投稿の中で次のように述べている。「Web Navigation Extension API は、拡張機能開発者がブラウザのナビゲーション イベントを監視できるようにする。イベントは、トップレベルのナビゲーションでもインページのナビゲーションでも発生する」

これは、HTTP ヘッダで提供可能だった基本的機能の上を行く素晴らしい機能だ。筆者個人は、これは (顧客サービスなどの) ある種の案内付きナビゲーション技術に使えると見ている。

Google は、統計データやベンチマークデータを取得するのに Web Navigation Extension API が使えると見ている。

もう1つの Proxy Extension API は、Chrome のプロキシの設定を拡張機能で行なえるようにするものだ。自明な使い道は、非公開の匿名セッションだ。

Google によれば、「プロキシは、ブラウザ全体でも、通常と匿名の個別ウインドウでも設定可能」だという。

これらの新 API はいずれも、Chrome 11 ベータ版においてデフォルトでは有効になっておらず、拡張機能用実験的 API のための「about:flags」オプションを有効化する必要がある。個人的見解だが、Chrome 11 正式版は4月末までに登場すると見られる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000004-inet-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/06(水) 11:50:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京電力、4月7日(木)も停電なし。10日連続 | ホーム | Google本格参入 - 国内ディスプレイ型アドネットワーク市場はこうなる!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/354-2f38c304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。