インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google Chromeの脆弱性報告数が急増 - シマンテックが脅威レポート発表


不妊症改善セルフケア最安値DVD


アフィリエイト成功塾「虎の穴」最終章(9期生)80名限定募集!



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


シマンテックは4月12日、都内で報道関係者向けの説明会を開催し、16回目のリリースとなる「インターネットセキュリティレポート」の概要説明を行った。

このレポートは、数千万台にも及ぶインターネットセンサーなどから収集されたデータをもとにインターネットの脅威の現状に関する情報をまとめたもの。

同社はこのレポートで、インターネットセキュリティにおける2010年について「標的型攻撃の年」と定義。Stuxnetに代表される企業をターゲットとした攻撃が増加したとしている。また、この標的型攻撃には、ハッキングによる個人情報(顧客情報)の漏えいも含まれており、ハッキングによって発生した個人情報流出件数は(世界で)26万件以上になるという。

また同社は、急速に普及しているソーシャルネットワーク(SNS)が犯罪の温床になっていると警鐘を鳴らしており、とりわけTwitterなどでおなじみとなっているURL短縮サービスの危険性を指摘している。「これまでは、ある程度URLを見ればリンク先が"怪しいかどうか"の判断ができたが、URLを隠蔽してしまうURL短縮サービスはフィッシングやマルウェア感染させることを目的とした攻撃の温床になっている」(同社 シニアレスポンスマネージャ 浜田譲治氏)という。

このURL短縮サービスを悪用した攻撃手法はクリック率の高さも注目すべき点として示されており、「SNS上で検出された悪質なリンクの65%で短縮URLが使用されており、このうち73%が11回以上クリックされている」(浜田氏)としている。

今回のレポートでは、Javaの脆弱性を狙った攻撃の増加やスマートフォンなどのモバイルデバイスに対する脅威の増加があらためて示されているほか、「Google Chromeの脆弱性報告数が急増している(2009年: 41 → 2010年: 191)」(浜田氏)という実情が明らかにされている。ただし浜田氏は、「これはGoogleが開始した脆弱性情報に対する報奨金制度の効果だろう」としており、Webブラウザの品質によるものではないという見解を示した。

(城ノ口敦弘)

[マイコミジャーナル]


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110413-00000007-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/13(水) 10:03:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google がベータ版の「Chrome 11」更新、主にバグ修正 | ホーム | Google 乗換案内、一部鉄道の節電・災害特別ダイヤに対応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/404-0a54a337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。