インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google Docs、ページ分割とネイティブ印刷に対応


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0200【楽販アフィリオ】【ついに男の夢実現!】33分でマスター!読むだけで強くなる!格闘上達マニュアル【bタイプ】



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


Googleは4月12日(米国時間)、Google Docsの文書編集機能に「ページレイアウト」の機能を追加したことを発表した。Google Docsはブラウザから利用できるオフィスアプリケーション。改善や新機能の追加を随時実施している。共同編集やデータの共有が簡単にできるという特徴があるほか、プラグインを使えばMicrosoft Officeのデータの共有やバックアップにも利用できる。
【拡大画像や他の画像】
Google Docsは便利なアプリケーションだが、デスクトップのオフィスアプリケーションと比べるとWYSIWYGが弱いという欠点があった。ページレイアウトはこの問題を大きく改善している。ページ化されていない従来のレイアウトで扱いたい場合にはメニューから「表示」「ドキュメントビュー」「コンパクト」を選択すればいい。

もうひとつの問題として、閲覧時のフォントと印刷に使われるフォントが違う点を挙げることができる。Google Docsの印刷は「PDFデータを生成してダウンロードさせる」というものになっており、想定しているレイアウトと違うものになることがある。このため、一旦編集可能なデータでダウンロードして整形してから印刷する必要があるなど、手間になるところがあった。日本語の文章の場合特にこの部分が懸念点として挙がることが多い。

最近の開発の結果、ブラウザがChromeに限定されるものの、「ネイティブ印刷」と呼ばれる新しい印刷機能が利用できるようになった。「ネイティブ印刷」からは端末の印刷システムを直接利用することができ、ブラウザで閲覧しているものと同じものが印刷できる。従来のように綺麗とは言い難い日本語フォントに変換されることがない。

利用できる日本語フォントの種類が選択できないなど、まだまだ日本語ワープロとして活用するには機能が弱いところがあるが、今回追加された「ページレイアウト」と「ネイティブ印刷」は日本語ワープロに必要となる最低限の条件がGoogle Docsに備わったことになる。

(後藤大地)

[マイコミジャーナル]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000013-mycomj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 09:05:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地震、その時mixiは 「頑張っぺし」??集まる被災者の声、飛び交う超ローカル情報 | ホーム | 【レビュー】NTTドコモのAndroid 3.0搭載タブレット「Optimus Pad L-06C」を体感!(後編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/409-b404244c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。