インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地震、その時mixiは 「頑張っぺし」??集まる被災者の声、飛び交う超ローカル情報


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0197【楽販アフィリオ】66分でサクッと理解!実践護身術【bタイプ】



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


 「切実にガソリンが欲しい。体は元気なのに何も出来ない!」「頑張ってと言われるのが辛い。愚痴です。スルーしてください」「ラーメンが食べたい」「明日はエイプリルフールだから全部うそだって言って」――。2200万会員を抱える国内最大のSNS「mixi」には、東日本大震災の被災者の書き込みが相次いでいる。
【拡大画像や他の画像】
 地域ごとの「コミュニティ」では、友人や知人の実名を明かし、安否確認を求める投稿が後を絶たない。個人商店の営業時間など、被災地の超ローカルな情報も飛び交う。mixi日記は3月12日、東北地方からの投稿が44%増えた。

 「生死に関わるコミュニケーションにmixiが使われているのを見て、ぐーっと背中に緊張が走る思いだ」と、ミクシィの原田明典副社長は語る。

●日記からボイスへ 主役が入れ替わった日

 原田副社長は3月11日、都内で外出中に地震に遭遇した。すぐさま会社に連絡しようとしたが、電話はつながらず、携帯メールは送れない。そこでmixiボイスに「ハチ公バスに乗って渋谷に向かっています」と投稿すると、社員からは「ご無事で何よりです」などと返信が相次いだ。

 ネットがつながる地域では、原田副社長と同じように、mixiボイスで自分の状況を知らせようとしたユーザーは多かったようだ。地震直後、mixiボイスの投稿数は普段の約8倍に達した。「明けましておめでとう」の投稿が殺到する年始でも普段の2倍程度。「やばい!」と急きょサーバを増やし、アクセス集中に耐えた。

 mixiボイスへのアクセスは翌日の昼には落ち着いてきたが、しばらくは通常の2~3倍多い状態が続いた。mixiの代表的な機能と言えば日記だが、このときばかりは「主役が入れ替わった」と振り返る。地震後もエンジニアたちは冷静で、「サービスは落とさないのが当たり前という意識で普段通り淡々とやっていた」。

 サービスを安定運用する一方で、被災者らの役に立つ機能を提供しようという声も社内で挙がった。まず用意したのは、震災関連のコミュニティなどを紹介する案内ページ。安否確認の助けにと、マイミクシィが最後にログインした時間を確認できるページも公開したほか、mixiコレクションを使った募金受け付けもスタートした。

●「くよくよしていられない。頑張っぺし」 mixiであふれる被災者の思い

 mixi日記の投稿数は3月12日に急増した。とくに東北地方からが多く、普段より44%増えた。震災関連のコミュニティは、各局のニュース番組でGoogleの「Person Finder」などと並んで紹介され、多いものでは約34万6000人が参加している。宮城、福島、岩手など地域ごとのコミュニティには、被災者の書き込みが相次いでいる。

 交通に医療、物資提供、仮設住宅など、コミュニティのトピックの種類ややりとりされる情報の粒度はさまざまだ。スーパーの品揃えや行列の待ち時間、個人商店の営業時間といった超ローカルネタも飛び交う。「津波で海水に浸った床を掃除するコツ」「紙おむつを手作りするには」などノウハウの共有もある。

 友人や知人の実名や年齢、当日の服装などを詳細に明かして安否確認を求める投稿は、震災から1カ月たった今も後を絶たない。「mixiはカジュアルでライトなコミュニケーションに使われてきた。生死に関わるコミュニケーションに使われているのを見て、ぐーっと背中に緊張が走る思いだ」と原田副社長は明かす。

 「愚痴です。スルーしてください」――被災者が思いを吐き出し、共有する場にもなっている。4万2000人が参加しているコミュニティー「◆宮城県◆今、心を一つに……」では、“独り言”をつぶやくトピックに3月11日以降2600件以上の書き込みが。「くよくよしていられない。頑張っぺし」と方言で書いている人もいる。

 震災が収まったらやりたいことを被災者が投稿するトピックも。「さあみんなで希望をつぶやくのだっ」とトピック作成者が呼びかけると、「同窓会したい」「すき家のメガ盛りを食べる!」「ハイオク満タン!って言う」「おめかしして駅前歩く」「プロポーズ!」「息子たちを立派に育てる」などとそれぞれの決意があふれた。

 18歳未満のユーザーは普段コミュニティーを利用できないが、震災カテゴリーだけは3月23日から全ユーザーに開放している。要望が100件以上寄せられたため、健全なモバイルサイトを認定する民間機関「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」(EMA)に許可を得て対応した。「彼らが欲しがっている情報は出会い系じゃないと、EMAに掛け合った」という。

●交通整理も必要――mixiができること

 同社はこれまで「使い方はユーザーの自由」というスタンスでmixiを運営してきた。プラットフォームを提供するという役割に徹し、ユーザーに特定の使い方を訴求することは避けていたという。震災時も、関連コミュニティーの作成や管理などはユーザーの手に委ねている。

 だが、災害時に「なんでもかんでもユーザー側で用意して使ってくれだと使いづらくなる場合がある」とも感じている。自治体などと連携し、オフィシャルな災害情報を掲載するなど、「秩序あるゾーン」をmixi側から提供し、ユーザーの情報交換がスムーズに行くよう「交通整理」することも今後検討する。

 NTTドコモで災害用伝言板を担当していた経験のある原田副社長。「災害用伝言板を使ったことがない人は多いが、あわてふためいている時に新しいサービスを使いこなせるかというとそうではない」と見る。mixiは、2200万会員が日常的に利用するプラットフォームとしての役割を模索していく。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000003-zdn_n-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 11:29:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GoogleがChromeブラウザの更新版を公開、Flashの脆弱性に先行対処 | ホーム | Google Docs、ページ分割とネイティブ印刷に対応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/410-fb8f251f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。