インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災の影響で、交通機関が混乱 特別ダイヤ対応サービスに期待高まる


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0194【楽販アフィリオ】【デートの誘い方】城咲仁のモテる男養成講座 『今からモテにいくぞ!』今モテ/メール編【bタイプ】



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


 関東圏では、東日本大震災や計画停電などの影響により、鉄道などの交通機関が大きく乱れた。そんな中、震災後の特別ダイヤに対応したり、緊急時にも使える案内サービスが注目されている。

 Googleジャパンは12日、「Google乗換案内」で一部鉄道事業者の節電・災害特別ダイヤへの対応を開始したと発表した。現在は一部だが、今後も鉄道事業社から、特別ダイヤの情報提供があり次第、「Google乗換案内」に反映していくとしている。

 また、ナビタイムジャパンの「NAVITIME」は、電車だけでなく、徒歩や車、バス、飛行機など、様々な移動手段から最適なルートをドアtoドアで検索できる。また全国の地図や店舗、施設だけでなく、全国の渋滞情報やピンポイントの天気情報、駐車場の満空情報も検索できることから、様々な状況下で活用できそうだ。情報料は「NAVITIMEコース」が月額210円、「NAVITIME Proコース」が月額315円。携帯のキャリアによっては利用できないコースもある。

 一方、帰宅困難となった場合に使えそうなのが、航空測量などを手がける株式会社パスコの「帰宅支援サービスマップ」。パソコン上で目的地を入力すると、「徒歩で帰宅する際の帰宅ルート」を検索することができる。各自治体の定める避難場所やコンビニ、ガソリンスタンド、帰宅支援ステーション、応急給水拠点なども表示されるため、もしもの事態が生じた場合でも、落ち着いて対応ができそうだ。利用料金は月額210円。

 東日本大震災は、震源地から離れた首都圏でも大きな混乱を招いた。今なお余震が続いているだけに、こうした備えは必要かもしれない。


(サイトウ イサム 、 加藤 秀行)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000000-sh_mon-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/17(日) 09:09:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/16のツイートまとめ | ホーム | Google、世界最大の太陽熱発電施設に1億6,800万ドル出資>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/414-a8949aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。