インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【新連載】エンタープライズ市場で多様化するクライアント端末??その可能性と課題?? 第1回


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0191【楽販アフィリオ】携帯アフィリで月たった10万円を稼ぐ【モバイルリッチプログラム】



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


iPadの登場やスマートフォンの普及により、企業ユーザーが利用するクライアント端末は多様化した。現在タブレット端末ベンダーは、企業ユーザーに対してその導入を積極的に呼びかけている。果たしてタブレット端末やスマートフォンは、どのくらい企業に浸透するのか――。多様化するクライアント端末の現状とその将来性を考察する。
【詳細画像を含む記事】
快進撃を続けるスマートフォン
2011年の方向性は…

 2010年に最も注目された製品は、米国AppleのiOSや米国GoogleのAndroid OSを搭載した、新しい世代のスマートフォンだった。

 米国MicrosoftのWindows MobileやRIM(カナダ)のBlackBerryといったスマートフォンは、業務用のメール交換や企業内で利用する専用アプリケーションのプラットフォームという色彩が強く、基本的にビジネス・ユーザー向けである。

 それに対してiOSを搭載したiPhoneや“Androidケータイ”は、最初からコンシューマーをターゲットに、インターネット体験やメディア体験を提供することに主眼を置いている。筆者は2011年に以下のような動きがあると予想している。

コンシューマー向け新世代スマートフォンがビジネス分野にも浸透を始める新世代スマートフォン向けに開発されたOSの、他デバイスへの展開が本格化するiOSとAndroidに続く第3のOSの座を狙った競争が始まる

 スマートフォンの定義はさまざまだが、その基本的な要件の一つは、API(Application Programming Interface)が公開されており、誰もがアプリケーション開発が可能なことである。「フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)」においても、プラットフォームの標準化が図られていたものの、誰もがアプリケーションを開発できるというわけではなかった。

 これに対し、スマートフォンでは基本的にAPIは公開されており、個人でもアプリケーションを開発することが可能だ。そればかりか、オンラインのアプリケーション・ストアで、開発したアプリケーションを販売することさえできる。

 こうしたアプリケーションの存在がスマートフォンの人気にもつながっており、好循環を生み出している。

企業ユーザー向けアプリと“スマホ”の関係

 現在、スマートフォンのアプリケーションの主流はパーソナルなものだ。しかし、オープンな開発環境を考えれば、やがては企業内の専用アプリケーションなども、新世代スマートフォン上に移植されるようになると考えられる。

 また、アプリケーションの移植を待たなくても、仮想化やクラウドによるカプセル化されたビジネス環境の利用が広がっていくハズだ。すでにシトリックス・システムズは、iPadを含む任意のデバイス上で、仮想デスクトップやアプリケーションへのアクセスを行えるようにするクライアント・ソフトウェア「Citrix Receiver」(日本語版)を提供している。こうした動きはますます加速していくだろう。

 ビジネス利用を拡大するうえで欠かせないのは、スマートフォン以外のデバイスへの展開――特に大画面のタブレット端末への展開――だ。機能的には大差がなくても、4インチ前後のスマートフォンの画面では、作業性だけでなくデバイスを利用してプレゼンテーションをするといったビジネス利用には適さない。

 それに対して7~10インチ前後のタブレット端末は、高い作業性と複数のユーザーで利用した場合の視認性、どこにでも持ち運べる可搬性のバランスをとったフォームファクタとして、スマートフォンの“地平”をさらに広げる存在だと考えられる。すでに1,500万台を売り上げたというiPadに加え、Androidベースのタブレット端末が本格的な普及期を迎えることだろう。

“スマホ”の限界とタブレット端末の可能性

 もちろん、同様なフォームファクタのタブレット端末は、スマートフォンOSが登場する以前にも存在しており、主に企業向けバーチカル・デバイスとして、ニッチ市場を獲得していた。

 ただし“タブレットPC”は、PCであるがゆえに大容量のストレージ(多くの場合HDD)や高性能のプロセッサが不可欠で、重量やコストの点で不利になる。そして、これがタブレットPCをニッチ・デバイスにとどめていた理由でもあった。それでもニッチとはいえタブレットPCが企業向けに市場を得ていたのは、「使い慣れたデスクトップPCと同じアプリケーションが利用できる」というメリットがあればこそだった。

 しかし、この仮想化やクラウドの登場と普及が、このメリットを不要なものにしつつある。むしろ大容量のストレージは、セキュリティ上のリスクと見なされようとしているのが現状だ。言い換えれば、仮想化やクラウドが「タブレットPC」が「PC」である必然性をなくしてしまったことになる。

 当初はコンシューマー向けだったスマートフォンがビジネス向けにも浸透すること、タブレット端末など携帯電話機のフォームファクタを越えたデバイスが普及期を迎えることで、スマートフォンOSの市場はかなり拡大する。現在、iOSとAndroidがしのぎを削る同市場だが、規模の拡大により3番目のプレイヤーにもチャンスがあると判断するメーカーが登場してきてもおかしくない。

 ではそれは、どこのメーカーなのか。次回は「第3のポジションを狙う各ベンダーの動き」について考えてみたい。

(元麻布春男)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000000-cwj-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 12:03:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google、第1四半期決算は増収増益 | ホーム | 04/17のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/417-e4a9c576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。