インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Apple、『iOS』『Mac OS X』『Safari』を相次いでアップデート


不妊症改善セルフケア最安値DVD


【会場受講】ネットビジネス税金対策マル秘セミナー



遂に登場!近未来の投資商品!ドリームゲートバイナリー!


Apple 製のデバイスを複数持っている人にとって、14日は忙しい1日となった。

Apple は、『iPhone』『iPod touch』『iPad』ユーザー向けに『iOS』の最新版『iOS 4.3.2』を公開した。また、『Mac OS X』もアップデートされたほか、『Mac』および『Windows』向けに最新版『Safari 5.0.5』が公開されている。

さまざまなプラットフォームにおいて多数の脆弱性が修正された理由は、3月に開催されたハッキング コンテスト『Pwn2Own』で、これらの脆弱性が初めて公の場で悪用されたことによる。今年のコンテストでは、セキュリティ研究家の Charlie Miller 氏が iOS の脆弱性を悪用し、iPhone をハッキングすることに成功した。また、Apple の iOS はブラウザ レンダリング エンジン『WebKit』を使用しているが、VUPEN Security は Mac OS X 上でこのエンジンの脆弱性を5秒で攻撃し悪用することに成功している。

Apple は勧告の中で、VUPEN Security が見つけた問題について、「テキストノードの処理において Use-After-Free (解放後使用) に関する問題が存在する。悪意を持って作成された Web サイトにアクセスすると、アプリケーションが予期せず終了したり、任意のコードを実行されたりするおそれがある」と警告している。

Apple は、WebKit に関連するもう1つの問題も修正した。これは、Pwn2Own で Research In Motion の『BlackBerry』に対する悪用に使用された脆弱性だ。BlackBerry も、Web ブラウザの基本エンジンとして WebKit を使用している。Apple の説明によれば、この脆弱性はノードセットの処理において存在する整数オーバーフローの問題だという。

Safari 5.0.5 と iOS 4.3.2 にアップデートすることで、WebKit の問題はどちらも修正される。また、Google も、Web ブラウザ『Chrome』で WebKit を使用しており、Pwn2Own で見つかった脆弱性を修正するパッチを3月にリリースしている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000005-inet-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 12:54:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界59カ国語で日本への応援メッセージ続々 | ホーム | Adobe、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/420-5157f6b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。