インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サムスン電子の第1四半期業績見通し、期待外れの可能性


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0155【楽販アフィリオ】わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法!



アフィリエイトプロジェクト賢山塾


 [ソウル 5日 ロイター] 韓国サムスン電子<005930.KS>の第1・四半期の営業利益は、薄型パネルとテレビ価格の急落が響いて3四半期連続で減少する可能性が高いとみられている。

 同社はメモリーチップと薄型パネルの生産で世界最大手。

 世界の大手ハイテク企業の中で、3月11日の東日本大震災以降に業績見通しを示すのはサムスン電子が初めて。

 同社は第1・四半期の業績見通しを7日に、本決算を4月下旬に発表する予定。

 トムソン・ロイター・エスティメーツによる29人のアナリスト調査では、第1・四半期の営業利益のコンセンサス予測は3兆1700億ウォン、売上高予測は38兆ウォンとなっている。

 トップランクのアナリストによる最近の予想を重視するスターマインのスマートエスティメーツによると、営業利益は10%下振れし、2兆9000億ウォンにとどまるサプライズとなる可能性もある。

 これは2009年第2・四半期以来の低い利益水準で、前年同期比では42%減、前期比4%減となる。 

 大震災の影響で世界のサプライチェーンが乱れている。アナリストは、顧客が新たな供給先を求めるなか、サムスンなど韓国企業がその受け皿となる可能性を指摘する。

 ソニー<6758.T>は年間7兆ウォン(64億ドル)近い売り上げをサムスンにもたらす最大顧客だが、日本での薄型テレビの生産停止が長引けばサムスンの売り上げ減少につながる。一方、東芝<6502.T>などと競合する半導体分野では、供給不足がサムスンにプラスに働いている。 

 サムスン電子の業績は、パネル価格の安定と低迷していたメモリーチップ市場の回復で、第2・四半期から改善する見通し。DRAMの契約価格は震災後に3%上昇し、NAND型フラッシュメモリーの価格は15%上昇している。

 新韓金融投資のアナリスト、Kim Young-chan氏は「メモリーチップはサムスンの利益回復をけん引するだろう。日本の震災後、主要な電子機器メーカーは韓国企業への発注を増やしている。また、スマートフォンやタブレット型端末市場の成長で需要が拡大している」と指摘する。

 アナリストらは、サムスンの通信機器部門の業績の伸びは鈍化する可能性があるとみている。その理由として、同社のタブレット型製品の売り上げの伸び悩みと、米アップル<AAPL.O>の「iPad2」発売後に価格競争が激化していることを挙げた。

 NHインベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリスト、Seo Won-suk氏は「サムスンのタブレット製品は売れ行きが鈍化し、通信業者は在庫増を懸念し始めている」と指摘する。

 アップルの「iPad2」が先月の米国発売後の最初の週末で約100万台売れたとされる一方、サムスンの「ギャラクシー・タブ」は過去3カ月で同数売れた状態。売り上げの伸びは引き続き弱い見通しだ。後継モデルの発売は早ければ6月の予定。

 Shinyoung Securitiesのアナリスト、Lee Seung-woo氏は「昨年11月以来、タブレット製品に対する期待がサムスン電子の株価を押し上げてきたが、同社は今のところその期待に応えていない。サムスンの株価が再び上昇するかどうかは、タブレット製品の後継モデルがどれほど売れるかに大きくかかっている」と述べた。

 サムスン電子の株価は1月下旬につけた過去最高値から7%下げている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000527-reu-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/22(金) 15:20:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/21のツイートまとめ | ホーム | サムスン電子が第1四半期業績見通し、営業利益は予想下回る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/446-9ea4fa9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。