インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールデンウィークは、本物そっくりの「コピー」サイトに注意……マカフィーが注意喚起


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0150【楽販アフィリオ】■ライバル不在の趣味ブログで月30万円稼ぐ!【power affiliate(パワーアフィリエイト)】+アフィリエイトで年収1000万円稼いだ男のマインド&仕事術■



アフィリエイトプロジェクト賢山塾


 マカフィーは25日、ゴールデンウィーク期間におけるネット脅威として、「コピーサイト」に注意するよう喚起する文章を公開した。
【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】
 「コピー」サイトは、合法的なWebサイトの外観や雰囲気をまねたサイト。名前からロゴまで、有名なオンライン小売業者のWebコードをそのままコピーした作りになっているのが特徴だという。これらサイトは不正に運営されており、ユーザーが財布の紐を緩める休暇シーズンにもっとも多く出現する。

 コピーサイトは、個人情報やクレジットカード情報を収集するために存在し、スパムメールなどでコピーサイトに誘導し、最終的にはユーザーのPCにマルウェアを感染させる場合もある。YahooやGoogleのような主要な検索エンジンでは、合法的な小売業者のドメイン名に似たドメイン名を購入し、検索語の入力ミスを利用する「タイポスクワッティング」を仕掛けているケースもある。また、合法的なベンダーと同じSEO(検索エンジン最適化)手法を悪用することで、コピーサイトを検索結果の1~2ページ目に表示させているものもあるという。

 サイバー犯罪者は、検索エンジンにとって好ましくない「リンクファーム」「キーワードスタッフィング」「記事の書き換え」のような手法も活用し、システムを操作。これらの手法を使ってユーザーをフィッシングサイトなどに誘い込むことは、通常1~2か月間で発見されすぐに禁止されるが、その間に被害に遭う場合も多い。

 マカフィーでは、「以前から知っている、過去取引したことがある、または信頼できるWebサイトからのみ、取引を行う」「ショッピングサイトにアクセスする際は、可能な限りアドレスを直接入力する」「クレジットカード情報を送信する前に、必ず検索エンジンを使用して、ショッピングサイトの評価を確認」「未承諾広告メールのリンクは絶対にクリックしない」などの注意を呼びかけている。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000007-rbb-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/26(火) 11:49:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【東日本大震災】トレンドマイクロ、大地震に便乗したサイバー犯罪への注意を喚起 | ホーム | ゴールデンウィークはコピーサイトに注意、マカフィー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/464-12f737ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。