インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

<プレスリリース>ニコンイメージングジャパン、大口径標準単焦点レンズの新製品


不妊症改善セルフケア最安値DVD


s0203【楽販アフィリオ】“あなたのファンがどんどん増える” ユーモア・コミュニケーション ~笑いの会話術~



アフィリエイトプロジェクト賢山塾


 ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、ニコンイメージングジャパン(社長:西岡 隆男、東京都港区)は、焦点距離50mm、開放F値1.8、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応の大口径標準単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」を発売します。

 「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」は、単焦点ならではの美しいボケ味や立体感あふれる描写力をお求めやすい価格で実現しました。開放F値1.8の明るさと非球面レンズを用いた新規光学設計を採用し、光量が少ない室内などでも高画質で優れた描写性能を備えています。また、超音波モーター(SWM=Silent Wave Motor)を搭載しているため、静粛なAF操作ができます。さらには、ボディー内モーターを備えていないデジタル一眼レフカメラ「D5100」や「D3100」などのDXフォーマットのエントリーモデルでもAF撮影が可能です。

 ニコンでは、長年光学機器メーカーとして蓄積してきた光学技術をベースに、ユーザーからの要望を取り入れながら、常に革新的な製品を開発し、プロフェッショナルやハイアマチュア、エントリーユーザーまで幅広い支持を得ています。ニコンは、今後も高機能・高性能なレンズ製品を積極的に投入することで、NIKKORレンズのラインアップ拡充と強化を図っていきます。

◎「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」発売概要

▼商品名

 「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」

▼希望小売価格

 28,350円(税抜27,000円)

▼発売予定日

 2011年6月発売予定

◎「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」の主な特長

▼焦点距離50mm、開放F値1.8の明るい大口径標準単焦点レンズ

 焦点距離50mm、開放F値1.8を採用しているため、光量が少ない室内などでも手持ち撮影がしやすく、美しいボケ味を生かした撮影が可能。被写体を自然に捉えるスナップや風景撮影などに適しています。なお、ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ装着時は、焦点距離75mmのレンズの画角に相当します。

▼優れた描写性能を発揮する、非球面レンズ(1枚)を使用した新規光学設計

▼静粛なAFを可能にする超音波モーター(SWM=Silent Wave Motor)を搭載

▼「M/A」(マニュアル優先オートフォーカス)モードと「M」(マニュアルフォーカス)モードの2つのフォーカスモードを搭載

▼手軽に持ち歩けるサイズと軽さを実現

■問い合わせ先■ニコンイメージングジャパン

※発表日 2011年4月27日


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000016-maibz-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/04/28(木) 17:37:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<開かれたFEDを目指すもスタンス変わらず、さて今晩の米GDPでは? | ホーム | FOMCでドル売り反転せず、再び80円割れ試す可能性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/477-6429ab4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。