インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

体はホンダ、顔はベントレー…進化する中国“コピー車”=韓国


不妊症改善セルフケア最安値DVD


2011 年!今年こそ宅建合格!独学わずか90日で、宅建試験に一発合格した、ローコスト宅建合格術!



アフィリエイトプロジェクト賢山塾


中国モーターショーには中国でしか味わえない妙味がある。世界の自動車を隅々まで真似て作った‘コピー車’がそれだ。19日に開幕した上海モーターショーでもコピー車の大胆さは続いた。毎回新しいものが追加されていく進化も見られた。

一時、韓国双竜(サンヨン)車の親会社だった上海自動車(SAIC)は今回のモーターショーで、双竜「カイロン」の前後を見ているような「栄威(Roewe)W5」というスポーツ用多目的車(SUV)を出した。双竜車は先月、インドのマヒンドラ・アンド・マヒンドラグループに買収された。

メルセデスベンツと合弁関係にある北京自動車(BAIC)はCクラスとEクラスを組立生産している。しかし今回のモーターショーには「BC302」という独自のモデルを出した。ベンツBクラスと室内まで似ているが、大きさは小さい。1.5L三菱エンジンを搭載している。5ドアハッチバックモデル「BC301」とワゴンモデルも出す予定だ。
バイクを製造していたジョンウェイ(Jonway)は2003年式トヨタ「RAV4」とそっくりな車体にインフィニティFXのラジエーターグリルを付けたような新車を展示した。

起亜(キア)「ソレント」(旧型)を描き写したような黄海自動車のクロスオーバー車(CUV)は今回、ピックアップモデルに進化した。双竜「アクティオン」に長い荷台を付けたアクティオンスポーツのように「ソレント」の後面部に長い荷台を付けた形だ。このため5人乗りに加えて500キロの荷物も積める長い空間が生じた。長さも6センチほど長くなった。

このほか、ボディーは「ホンダ」だが、顔は「ベントレー」、お尻は「ベンツ」のランプが付いたような‘チャンポン’コピー車に進化する姿も目立つ。世界自動車界に広がっているエコブームはコピー車も例外でない。外観は明らかに1990年代の車だが、、後ろに「EV」(Electronic Vehicle=電気自動車)というエンブレムが付いている。側面と前面にもEVステッカーがあり、電気自動車のようだった。

しかしドアやトランク、ボンネット、燃料注入口は閉じられている。ガラス窓の間から中をのぞいてみると、一般内燃機関(ガソリン・ディーゼル)車に使う変速機が見えた。床から車の下を見ると、内燃機関車に付いている各種パイプなどがあった。

一部の人は中国がコピー車を量産することをついて古代の義賊文化、また所有権自体が薄い社会主義式観念を理由にあげる。中国では知的財産権自体がなかなか受け入れられず、これを盗んで真似るというのがむしろ中国式気概という説明だ。しかしモーターショーの現場ではこれとは違う声が聞こえる。自動車は製品自体がノウハウの集約体であるため、経験がない新生会社は「模倣しながら学ぶ」時代は避けられないということだ。

韓国と日本をはじめとする多くの自動車会社もこのように成長した。ただ、韓国と日本の自動車会社は合法的に模倣したり、目立たないように模倣する方法を選んだ。半面、中国の自動車会社の場合、無条件に模倣したり、誰が見ても分かるようなコピーをするのが異なる点のようだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000016-cnippou-kr
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/02(月) 10:41:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Xbox LIVE 人気ランキング(2011年4月18日~4月24日) | ホーム | 【マネー得捜本部】「1トレードで425万」荒波を乗り切ったFXトレーダー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/486-a07b3591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。