インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京外為市場・正午=ドル80円半ばに切り返し、介入への緊張感高まらず


不妊症改善セルフケア最安値DVD


格安!ブログ記事作成代行(外注)サービス ブログ記事代行本舗の「楽~る!!」1000



アフィリエイトプロジェクト賢山塾


       ドル/円   ユーロ/ドル  ユーロ/円

正午現在   80.47/49  1.4561/67  117.19/24

午前9時現在 80.30/35  1.4556/62  116.89/95

NY17時現在 80.24/29  1.4541/45 116.41/46

 [東京 6日 ロイター] 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点から小幅高の80円半ばで推移している。海外市場でドルは3月18日の協調介入時以来の80円割れとなったが、その後のユーロ/ドルの急落でドル買い戻しの流れができたことに加え、東京市場では輸入企業のドル買いが優勢になった。きょうは米雇用統計の発表を控えていることもあり、午後も底堅い展開が続くと見る声が多い。介入の可能性が高まるとされる80円をいったん割り込んだものの、日経平均の水準が高いことなどから緊張感は高まっていない。

 海外市場でドルは79.57円と3月18日の協調介入時以来の水準に下落した。クロス円の下落を受けてドルが80円を割り込んだタイミングで野田財務相が「(前回協調介入を実施した)3月18日とは違う動きだ」と述べたことで介入警戒感が後退、ドル売りが進んだ。

 しかし、その後はトリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁の理事会後の会見を受けて6月利上げ期待が後退、ユーロ/ドルが一時1週間半ぶりの1.4510ドルまで急落したことで幅広いドル買い戻しの流れができた。このため、ドル/円も80円前半を回復した。東京時間に入ると実需の取引が加わり、輸入企業が値ごろ感から買いを入れたことから、ドル/円は一時80.61円まで値を戻した。海外安値からは1円以上切り返した。

 市場では「朝方から輸入企業のドル買いは入っているが、クロス円からの波及以外に目立った円買いはみられない」(大手銀行)との声が聞かれた。

 「これまでの円ショートは、海外でのドル安/円高を経てかなり買い戻された。円に積極的な買い材料はなく、買うとすれば買い戻ししかないが、円ショートのポジションが軽くなっていることで円の買い戻し圧力は乏しくなっている」(国内銀行)との見方が出ている。

 <現段階では介入ないとの見方、緊張感高まらず>

 これまで、ドル/円が80円を割り込むと介入の可能性が高まるとみられていたが、海外市場での80割れを受けても市場では差し迫った緊張感は広がっていない。

 野田財務相は5日に介入について様子見の姿勢を示したが、バークレイズ銀行チーフFXストラテジスト、山本雅文氏は「過去を振り返ると、介入を判断するうえで重要なのはドルの80円割れより日経平均の9000円割れ。日経平均が今のレベルなら介入はない」とみている。

 「ポイントはスピード感。3月のように一気に3円以上円高が進むなら別だが、今のようにじわじわと円高が進むなら80円割れでも介入はないだろう。輸出が細っている今は、需給的にも円買い/ドル売りは減っており円高が加速しにくい」(大手銀行)との声も聞かれる。

 このため、野田財務相のコメントは、介入がないことから、市場の期待感を高めないようにあらかじめ予防線を張ったのではないかとみる声も出ている。

 さらに「たとえば75円まで円高になったとしても、輸出の細っている今は、輸出企業に売るべきドルがないため困らない。このため、緊張感も高まらない。貿易赤字の今は、円高のほうがむしろプラスだ」(大手銀行)との声も聞かれる。

 ただ、きょうは4月の米雇用統計という大きな指標を控えている。「ドル/円の下落に備えて、政府・日銀は介入の用意はするだろう。80円を割れれば、あとはドル/円の下げピッチの問題だ」(クレディ・スイス証券チーフ通貨ストラテジスト、深谷幸司氏)という。

 一方、協調介入合意について山本氏は「3月18日のみの合意。あとは、やるなら単独介入というのがコンセンサス。円高が世界の金融市場の不安定要因となっているわけではなく、協調して介入する可能性は低い。ただ、単独であっても介入する暗黙の了解があるということであり、市場へのインパクトはある」(山本氏)とみている。

 また「単独介入はありえない」(みずほ証券グローバルエコノミスト、林秀毅氏)との声も出ている。ドル/円下落の背景が円の理由ではなく、米景気の回復が予想を下振れているというドルの理由であるためで、協調介入でなければ効果がないとしている。

 <米雇用統計受けたドル/円の下値は79円台との見方>

 海外市場では、ドル/円は79.57円までドル安/円高に振れた。このあとは、4月の米雇用統計の内容次第だが、市場では3月のような円高加速を見込む声は少ない。「3月の介入前につけた76.25円はあり得ない。海外市場でのドル売りを跳ね返した79.50円付近のサポートは強く、米雇用統計が多少弱くてもドルの下値余地は79.80円まで」(みずほ証券、林氏)との声が出ている。

 バークレイズ銀行の山本氏は、ドルの下値メドを海外安値の79.57円に置いている。そのうえで「たとえ雇用統計が弱くて株価や商品がスパイラル的に下がることがあったとしても、79円を大きく割り込むことはないだろう」と見込む。

 クレディ・スイス証券の深谷氏は、ドルの下値は79円までとしている。雇用統計がドル/円の下落につながる最大の経路は米国金利の低下だが「米2年国債金利は0.6%を割り込んで今年の最低水準に来ており、すでにいいところまで下げた感がある。ここからさらに下げるとすれば、米量的緩和第3弾(QE3)を織り込むことになるが、そこまで景況感は悪化していない」(深谷氏)という。

 <ユーロのポジション調整一巡、ECBの7月利上げ観測くすぶる>

 ユーロ/ドルは海外市場では1.4510ドルまで売られ、5日高値(1.4900ドル)からは400ポイント近い急落になった。ECB理事会後のトリシェ総裁の会見がきっかけになった。総裁は理事会後の会見で、通常1カ月後の利上げを示唆する「強い警戒(strong vigilance)」という言葉を用いず、6月利上げへの期待感が後退した。

 ECBの早期利上げ期待から4日には1.4940ドルと1年5カ月ぶり高値まで上昇、ポジションがユーロロングに大きく傾いていたが、これが急速に売られた。原油など商品価格も下落、これまでのリスクポジションが一気に巻き戻された。

 市場では「ユーロが1.44ドル半ばを割り込むと、これまでのユーロ上昇トレンドが崩れる。しかし、逆にいえばそのあたりがサポートになり、いずれユーロ/ドルはじりじり買い戻されるとみている」(国内銀行)との声が上がっている。市場には、ECBの7月利上げ観測は依然くすぶっている。

 (ロイターニュース 松平陽子) 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110506-00000557-reu-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/06(金) 13:14:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドル80円半ばに切り返し、介入への緊張感高まらず | ホーム | 日本売りも萎ませる、ドル全面安の流れが続いている!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/506-9f795180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。