インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人生で最も長い40分=急襲作戦は苦渋の決断―米大統領


不妊症改善セルフケア最安値DVD


アフィリエイトプロジェクト賢山塾


 【ワシントン時事】オバマ米大統領は8日放映のCBSテレビのインタビューで、国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の隠れ家急襲作戦について、「人生で最も長い40分だった」と振り返るとともに、作戦実行は苦渋の決断だったことを明らかにした。オバマ大統領が作戦当時の状況を詳細に語ったのは初めて。
 オバマ大統領は、作戦を見守ったホワイトハウスの危機管理室は「非常に緊張していた」と述べた上で、「(次女の)サーシャが生後3カ月で髄膜炎を患い、医者から大丈夫だと告げられるまでの時間を除いて、人生で最も長い40分だった」と語った。
 大統領はまた、ビンラディン容疑者が隠れ家にいる確証は55%程度だったとし、政権内部にも急襲作戦に異論があったことを明らかにした。最大の懸念は作戦に参加した兵士の安全だったが、「特殊部隊を送った相手が、裕福なドバイ(アラブ首長国連邦=UAE)の皇太子だったら厄介だ」と述べ、誤って急襲した場合の重大な影響も心配していたことを示唆した。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000070-jij-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/09(月) 15:47:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富士バイオ、粉飾決算で旧経営陣立件へ | ホーム | 富士バイオを強制捜査へ、取引先が粉飾指南か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/532-52e2c348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。