インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

検索エンジンのガイドラインを信じられますか?


不妊症改善セルフケア最安値DVD


アフィリエイトプロジェクト賢山塾


SEO の知識を持った方へひとつクイズがある。この施策は正しいだろうか?「重複コンテンツを避けるために一部URLを robots.txt でクロールをブロックする」

回答は、「昔は正しかったものの、今は勧められない施策」となる。この回答を疑問に思われる方も多いだろう。同じコンテンツを2つの URL で公開してしまう場合、片方を robots.txt でブロックすることで、重複コンテンツの問題は解決できる可能性は高いと考えられる。しかし、やはり2011年3月現在ではお勧めできない。

この根拠は、検索エンジンが提供するガイドラインにある。検索エンジンが提供するガイドラインは、数少ない信頼できる情報のひとつだろう。しかし、そのガイドラインで得た知識が信用できない場合もあるのである。

●更新され続ける検索エンジンのガイドライン

検索エンジンは、より良い検索体験をユーザーに提供するため日々進化を続けている。その中で、検索エンジンから Web マスターに向けた情報提供も拡大しており、その主な方法として「ガイドライン」を公開しているが、進化し続ける検索エンジンのガイドラインも拡大と進化を続けることになる。

検索エンジンが提供する Web マスター向けガイドラインは、SEO を行う上で最も信用できる情報のひとつと言えるだろう。しかし、ガイドラインの進化の中で、当然ながら以前の項目が修正される場合も、公開が遅れる場合もある。昨日読んだ内容が今日には変わっているかもしれない。最新の内容ではない場合や信用できない場合があることを注意するべきである。

冒頭のクイズについて説明しよう。

2010年9月以前 Google の「ウェブマスター向けガイドライン」では、SEO 施策として robots.txt を使った一部ページのクロールの拒否を様々なページで紹介されていた。

しかし2010年秋から2011年にかけて、その記述は多くのページであまり勧められない方法と変更されている場合がある。重複コンテンツを検索エンジンに認識させない方法については、2010年9月27日に重複コンテンツ対応のヘルプページに追記が行われ、robots.txt を使った方法を勧めていないこと、canonical や URL パラメータ処理ツールなどでの対応が勧められるようになった。

重複コンテンツの対応については、現在も robots.txt を適切に使うことで致命的な問題になることは無いと考えられるが、検索エンジンが勧めない方法であり、通常では行うべきではないだろう。重複コンテンツ以外でも、2010年12月頃から「『Googlebot により、サイトで膨大な数の URL が検出された』際の解決方法」でも、以前は robots.txt での解決方法が紹介されていたが、現在は他の方法が「いずれも実行できない場合」のみに使うことが勧められている。

robots.txt 以外の情報でもガイドラインの修正は行われている。例えば、2010年10月中旬頃の更新でガイドラインに掲載された検索エンジン向けサイトマップの「サイトマップインデックスファイル」に記載可能なサイトマップの数が1,000から50,000に拡大されたことなども、ウェブマスターガイドラインだけで公開された情報だった。

Google の「ウェブマスターガイドライン」など、海外での情報発信が多い検索エンジンのガイドラインでは、多くの項目が最初に英語で公開され、数日~数か月後に日本語版に反映される傾向にある。

日本語で確認できるウェブマスター向けガイドラインは古い情報である可能性もあるし、翻訳の過程で誤った情報になる場合もある。その例として、画像のファイル名を「我が家の新しい黒い子猫.jpg」というような日本語でのファイル名を推奨されていたが、2010年11月末~12月に「my-new-black-kitten.jpg」という英語でのファイル名をする形に変更されるなどの変更が挙げられる。

Google の提供するガイドライン以外でも、記載ミスで致命的な誤りを含む情報が公開されていたこともあった。ガイドラインの通りに記載をすることで、そのページが検索エンジンに認識されなくなる形を推奨していたのである(現在は修正済み)。

このように、検索エンジンが提供する情報であるガイドラインを無条件に信用すると、「情報の古さ」「記載ミス」がある可能性もあり、若干の危険性が伴うのである。

●検索エンジンが提供するガイドラインの活用方法

今回説明してきたように、検索エンジンが提供するガイドラインの活用は、いくつかの問題があり困難な場合もある。それでもガイドラインは最も信用できる SEO の情報のひとつであることは確かだろう。

しかし、膨大なページが存在するガイドラインを常にチェックするのは現実的ではない。現在の日本での SEO で最も重要な「Google ウェブマスターガイドライン」は更新情報を容易に知る手段がないため、常に最新の情報を把握し続けることは、SEO を専門とした者以外には現実的ではない。

検索エンジンが提供するガイドラインを活用する上で必要なことは、重要なページは定期的に確認することや、過去の記憶に頼らずに最新のガイドラインを確認すること、それが正しいかの確認も行っていくことが必要と考えられる。

その上で、疑問がある場合には原文を確認することや、SEO の知識を持った信頼できる人への相談、実験の実施、コミュニティでの問い合わせなど、別の情報ソースも確認していくことが必要だろう。

信頼できる情報が非常に少ない SEO において、検索エンジンが提供するガイドラインは数少ない道しるべとなる。過信することはなく、有効に活用していきたいものである。

(執筆:株式会社アイレップ SEM 総合研究所 辻 正浩)

記事提供:アイレップ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110510-00000002-inet-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/10(火) 10:44:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中国に人権尊重要求=活動家弾圧を懸念―米大統領 | ホーム | 05/09のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/539-ddc58f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。