インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2年後の「FMV LIFEBOOK」はこうなる、ようだ──富士通デザインアワード2011受賞作品決まる


不妊症改善セルフケア最安値DVD


アフィリエイトプロジェクト賢山塾


 富士通と富士通デザインは5月20日、ワールドワイド公募したデザイン競技会「FUJITSU デザインアワード2011」の受賞作品を決定。都内会場で受賞式を行った。
【拡大画像や他の画像】
 FUJITSU デザインアワード2011は、同社のブランドスローガン“shapping tomorrow with you”に基づき、ユーザーの「こういう製品がほしい」の要望を具現化する取り組みの一環として展開するもの。今回は、

・“2013年”の富士通ノートPCのプロダクトデザイン(LIFEBOOK部門)
・“2020年”の新しい生活スタイルのデザイン(LIFE-DESIGN部門)

 の2部門を募り、約100カ国3354人/1076の作品が集まった。

 LIFEBOOK部門は、2013年──とごく近い将来のノートPCがどうなるかを示すもの。パーソナルからソーシャルに移っていくシーンを想定しつつ、PC、携帯電話/スマートフォン、タブレットなどをスマートに融合したプロダクトが多く集まったという。

 同部門では、準グランプリの「Crowd」(Philipp Schaake氏/ドイツ)、グエナエル・ニコラ賞の「Frame Series」(Florian Langer氏、Patrick Decker氏/ドイツ)、ロス・ラブグローブ賞の「Anderson」(Ma Yiwei氏、Tao Ying氏/香港)、マ・ヤンソン賞の「The Haunted Mountain」(Lou Xiaoyu氏/フランス)、加藤公敬(富士通デザイン社長)賞の「ecoPad」(Eun-ha Seo氏、Jun-se Kim氏、Yonggu Do氏/韓国)の5作品が受賞した。

 準グランプリのCrowdは、10.1型クラスの小型ボディに、ノート/セパレート/スレートなど利用シーンや仕様アプリケーションに応じて、個別に変形させつつ用途を切り替えられる仕組みとともに、それにともなうユーザーインタフェース(UI)の工夫を具体的に意識して訴求する。「次世代のLIFEBOOKが考えるべき、魅力的な方向性を示している」(富士通デザインの加藤社長)。

 このほか審査員特別賞作品では、Frame SeriesとThe Haunted Mountainがほどよく具体的で面白い。Frame Seriesはそれぞれ個別に機能するディスプレイや(キーボード付きの)PC機能、スマートフォンを特定の横長フレームに装着することで1つに融合した機器としても利用できる。The Haunted Mountainは、接続したプロジェクターの映像やインストールしたアプリケーションなど、PCに追加する機能に応じて“動き”や“香り”を発生させる仕組みを取り入れた。どんなにおいなのかは各自想像してほしいが「ウイルス感染→悪臭を発生させて警告」といったこともアリだという。

●“2020年”の新しい生活スタイルを創造する「LIFE-DESIGN部門」

 LIFE-DESIGN部門は、上記LIFEBOOK部門よりもう少し未来の生活スタイルをイメージさせ、ICTで「暮らしをより豊かにする」「機器から社会インフラへ/パーソナルからソーシャルへ」をコンセプトにした作品が多く集まった。

 同部門では総合グランプリの「The Aid」(Egle Ugintaite氏/リトアニア)、準グランプリの「Integral Cord」(Raphael Lang氏、Yu-Lin Hou氏、Chan Wing Tak氏/ドイツ)をはじめ、猪子寿之賞に「Smile Cup」(Nikita Mokhirev氏/エストニア)、バーギット・ローマン賞に「River runs through CitY」(大野力氏/日本)、大谷信雄(富士通常務)賞に「The Total recall agent」(中村昌平氏、MoonHwan Lee氏、YoungWook Jung氏/日本、韓国)が受賞した。

 The Aidは、通信機能や各種センサーを内蔵し、通信サービス類を活用して利用者をサポートする“つえ”だ。移動のナビゲーションや体調管理を含めて、The Aidが管理し、外出が困難なユーザーも積極的に社会と関わることを可能とするデザインを目指した。

 Integral Cordもかなり面白い。ボディはフレキシブルなひも状で、先端に通信端子、内側にカメラやプロジェクター、各種センサーを内蔵する。ケーブルを囲った内側に画面やソフトウェアキーボードなどの操作インタフェースを超小型プロジェクターで投影して表示、それぞれをつなげて仲間と情報を共有しながら情報を表示、丸めた輪の中に物体を通すと3Dスキャンも可能……という。将来はこれをひとりひとりが所持し、複数人が同時に操作できる新たなコミュニケーションの場を作り出すような世界を想像したという。

 「おおむね、“スマートなアイデア”、“すごいアイデア”、そして“何だこりゃ?? なアイデア”の3カテゴリに当てはまる作品が多く集まった。また、近未来の部門と数年後以降の部門で応募作品がまったく違う傾向を示したのも、このアワードならでは。こういうことに携われるのもすごくエキサイティングだった」と審査員の1人でデザインスタジオ キュリオシティ代表のグエナエル・ニコラ氏。富士通の大谷信雄常務も「富士通が目指す次世代のコンピューティングやテーマはこうだと示したい。今後も“使う人中心のデザイン”の追求をさらに推進し、新たな生活シーンの創造に貢献したい」と述べた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000071-zdn_pc-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/05/23(月) 09:58:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<05/22のツイートまとめ | ホーム | 05/21のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/562-8e525426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。