インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「webOSですべてをつなげていく」??HPの新ビジョン“The Connected Life”

インターネットで人生を10倍楽しむ事ができると確信しているのが、私の哲学。今でこそスマートフォンが存在するから、普通なのかもしれないけど、手軽な辞書をなんこも持っている感覚。検索すれば、本一冊・新聞一日分の情報をガッツり入れ込むことができる。いや、持ち歩いているような物。

s0136【楽販アフィリオ】7日間「未払い残業代請求プログラム」


アフィリエイトって、知らない人から見れば本当にわからない世界。でも、知れば知るほど奥が深い。これほどインターネットの世界を注視出来る世界はないと思う。稼げるか稼げないかは本人次第だけど、決して侮れない世界。

 米Hewlett-Packard(以下、HP)は2月23日(現地時間)、中国・上海にて「A New HP World」を開催した。このイベントでは同社の新しいビジョンや事業戦略が語られるとともに、先日発表されたwebOS搭載タブレット端末「TouchPad」のデモや、主にアジアパシフィック市場向けの新製品も披露されている。
【拡大写真や他の紹介写真】
 キーノートスピーチでは、HPアジア太平洋/日本地域のPSGでバイスプレジデントを務めるジョス・ブレンケル(Jos Brenkel)氏が登壇。まずはじめにHPの歴史を振り返った。ご存じの通り、Hewlett-Packardはウィリアム・ヒューレットとデビッド・パッカードの2人がパロアルトのガレージから始めた小さな会社だが、現在では174カ国でビジネスを展開し、14万5000のセールスパートナーを擁する世界第一位のPCメーカーだ。ブレンケル氏が話した冒頭の1分、この短い時間で世界では120台のPCが出荷された計算になる、といえばHPがどれだけ巨大な企業か分かるだろう。

 そのHPが今後のビジョンとして掲げるのが「コネクテッド・ライフ」だ。ブレンケル氏は、経済的な進化の過程においてこれまで個人個人がさまざまな消費を行ってきたが、今後は共有による最適化が重要な要素になると説明する。例えば、ニューヨークでは車を購入する人が減り、その一方で自動車の共同使用を行うカーシェアリングのシステムが広まっている。車を時間でシェアすることによって、車が駐車場に置いてあるむだな時間を最適化できるのがメリットだ。また、現在では子供服を共有するWebサービスもあるという。同氏は、急成長を遂げる企業の特徴として共有サービスを挙げ、HPは今後この分野に技術を提供していくと語る。「これからはコミュニティが情報を、情熱を、資産を共有していくことになる」(同氏)。

 続いて登壇した米バイスプレジデントのフィル・マッキーニー(Phil Mckinney)氏は、指数関数的に増加するデバイスや複雑化するネットワーク、そして家電をはじめとするさまざまなデバイスが相互接続されていくことで「人々の体験もより複雑さを増していくだろう」としたうえで、今後10年に渡って市場にもたらす変化を予測した。

 同氏が語る未来では、Twitterなどのソーシャルメディアは統合されていき、2016年に(ゲーム世界の取り引きのような)バーチャルな経済が発生し、2019年には連絡手段としてEメールを使う人は減少してビデオによるコラボレーションが好まれるようになる。また、個人による体験も大きく変化する。テレビが直接ネットに接続してコンテンツを楽しめる“スマートテレビ”はさらに拡張され、家自体がネットに接続された“スマートハウス”になる。このスマートハウスの登場とともに、さまざまなセンサーが臨界点を迎え、家の中に配置された各種センサーによって、人々の生活スタイルにあわせた光熱管理が可能になり、医療機関とのインフラも整備される。

 一方、ネットワーク分野では、2013年にデバイスの爆発的増加によっていったん帯域の制約に到達するが、ネットワークの接続性は今後さらに拡大して水や空気と同じような基本的なものへと変化する。また、ガジェットはモバイルデバイスが優勢になる一方で、近い将来ノートPCやスマートフォン、タブレットといったように、デバイスごとに切り離されて動作するという課題が生まれる――。

 同氏の予測では2019年に、すべての情報を今持っているデバイスに集約できるようになるとしているが、課題として挙げられたデバイス間の垣根を取り去り、複数のデバイスで同じ情報を扱えるようにする仕組みとしてHPが考えているのが「webOS」だ。これはちょうど、Acerの「clear.fi」構想に似ている。

 webOSは2010年に12億米ドルを費やして買収したPalmのモバイルOSで、搭載製品としてはタブレット端末の「TouchPad」と、スマートフォンの「Veer」「Pre3」が先日サンフランシスコで発表されているが、アジアパシフィック地域での公開は今回が初めて。webOSは、搭載端末どうしで相互に情報の共有ができるほか、「HP Synergy」によってGoogleをはじめとするクラウドサービスやFacebookなどのソーシャルサービスの情報を一元管理できるのが特徴だ。また、webOSではマルチタスキングやFlash対応など50の新機能がありSKDも提供される。さらに今後はWindows 7搭載PCにも載せていく予定だという。webOSを紹介したアプリケーション/サービス担当のスティーブン・マッカーサー(Steven Mcarthur)氏は「webOSですべてのデバイスをつなげていく」と語った。

 なお、webOSとTouchPadの詳細については、実機によるデモも含めて別記事で紹介しよう。

●「HP CoolSense Technology」や「Beats Audio」を搭載

 このほか、「A New HP World」では、2011年春に投入する新製品の技術的なトピックも紹介された。まず1つめは「HP CoolSense Technology」と呼ばれるノートPCの冷却機構。ノートPCに内蔵される6軸加速度センサーでPCの状態を検知する仕組みで、例えばユーザーがひざの上に置いてPCを使っているときは自動的に冷却優先にするといったように、使用状況に応じて最適な冷却設定に切り替わる。

 また、ユーザー体験を向上させるものとして、「HP TouchSmart Consumer PC」に搭載される最新UI「TouchSmart 4.0」と「Beats Audio」も紹介された。TouchSmart 4.0では、FacebookやTwitter、WebcamなどからPCにタッチ対応アプリケーションを追加できるようになり、「非常に没入感の高いユーザーインタフェースで、6才の子どものようにテクノロジーに詳しくなくてもより直感的にすぐに扱える」という。Beats Audioは、ヒップホップミュージシャンのDr. Dre(ドクター・ドレー)が手がけたもので、独自チューニングによるデジタルシグナルプロセッシングを採用し、音源圧縮時に失われがちな迫力のある重低音が特徴。すでに「HP ENVY14 Beats Edition」で知られた技術だが、新たに「HP Pavilion dv6/dv7」と「HP TouchSmart Consumer PC」にも搭載される。特にHP Pavilion dv6/dv7では独自チューニングされた内蔵4チャンネルスピーカーを装備しており、HPトリプルバスリフレックスサブウーファとあわせて、「アーティストが聴かせたい音を聴かせられる」情感豊かな音質を実現したという。

 今回のイベントで披露された個人向けPCおよびディスプレイは以下の6製品。

 天板とパームレストにアルミ素材を用いたハイエンドノートPC「HP Pavilion dv7」と同「dv6」は、先日国内発表された春モデルと比較してCPUの選択肢が増えている。具体的には、Core i3-2310M(2.1GHz)/Core i5-2410M(2.3GHz/最大2.9GHz)/Intel Core i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz)、Core i5-2540M(2.6GHz/最大3.3GHz)/Core i7-2620M(2.7GHz/最大3.4GHz)が加わった。また、グラフィックス機能も、CPU統合型のIntel HD Graphics 3000のほか、Radeon HD 6770M(1Gバイト)とRadeon HD 6490M(1Gバイト)を選択できる。本体サイズは、dv6が378(幅)×246.8(奥行き)×31.1ミリ~35.2ミリ、重量は約2.54キロ(6セルバッテリー搭載時)。dv7は416(幅)×275(奥行き)×31.6ミリ~36ミリ、重量約3.05キロ(6セルバッテリー搭載時)。価格はdv6が799米ドル、dv7が899米ドルからでともに3月下旬からアジアパシフィック向け(ただし日本は含まない)に出荷される見込み。

 格子状のインプリントデザインが特徴的な14型ワイド(1366×768ドット)ノートPC「HP Pavilion dv4」は、資料によれば最新モデルでSandy Bridge世代に移行し、Core i3/i5/i7を選択できるとされている。また、GPUもAMD Radeon 6750Mに強化されるようだ(ただし、現在公開されているスペックシートでは、Intel HM55 Expressチップセットベースのシステムになっており詳細は不明)。本体重量は約2.2キロ、6セルバッテリーで約6時間の駆動が行えるという。価格は749米ドルで、発売時期は3月中旬。

 一方、「HP Pavilion g6」と「同g4」も同様に、従来のBTOオプションにCore i3-2310M(2.1GHz)/Core i5-2410M(2.3GHz/最大2.9GHz)/Intel Core i5-2520M(2.5GHz/最大3.2GHz)、Core i5-2540M(2.6GHz/最大3.3GHz)/Core i7-2620M(2.7GHz/最大3.4GHz)が追加されている。搭載CPUに応じて、チップセットはIntel HM55 ExpressもしくはIntel HM65 Expressが採用される。グラフィックスは、Intel HD Graphics 3000、Radeon HD 6470M(512Mバイト/1Gバイト)の3種類。液晶ディスプレイは、g6が15.6型ワイド(1366×768ドット)、g4が14型ワイド(1366×768ドット)だ。本体サイズと重量は、g6が374(幅)×245(奥行き)×30.5~36.3(高さ)ミリ/約2.5キロ、g4が341(幅)×231(奥行き)×30~35.6(高さ)ミリ/約2.2キロ。カラーバリエーションとして、チャコールグレーとソノマレッドの2色が用意される。

 このほか、液晶一体型デスクトップPCとして、新しい「HP TouchSmart Consumer PC」も登場した。ディスプレイ部分が最大60度傾斜する機構を取り入れたユニークなモデルで、画面をタッチする際の人間工学的な負荷を軽減し、より自然かつ直感的に扱えるという。また、厚さ1センチを切る23型ワイドの薄型液晶「HP x2310 Micro Tnin LEDモニター」も展示されていた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000037-zdn_pc-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


3月20日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』

スポンサーサイト
  1. 2011/02/24(木) 15:03:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シスコ、Webメール・サービス「Cisco Mail」の提供を打ち切り | ホーム | 厚さ7.7ミリの極薄ボディにAndroid 2.2、おサイフ、ワンセグ??「MEDIAS N-04C」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/6-edf4bfc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。