インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電子書籍ビジネスが危ない!? 業界のキーマンを直撃(前編)


不妊症改善セルフケア最安値DVD


アフィリエイトプロジェクト賢山塾


『iPad』の登場、シャープやソニーの専用機の発売、携帯電話会社の参入……。電子書籍に纏わるニュースが相次いだ2010年は、”電子書籍元年”として話題を集めました。今年は”本格普及の年”とも位置づけられていますが、この状況に一石を投じる書籍が話題を集めています。著者は大手出版社で週刊誌や書籍の編集にも携わり、フリーランスとして独立後は自らも電子書籍のビジネスを手がける山田順氏。そのタイトルは『出版大崩壊 電子書籍の罠』(文春新書)。

 ページを捲っていくと、電子書籍へと移行する新しい出版の世界が、必ずしもバラ色ではないことが、これでもか、これでもかと詳らかにされていきます。出版現場で電子書籍にも関わった実体験に基づいているため、いま書店に溢れている”電子書籍本”よりリアルなうえ、考察も深い。その著者を取材しました。

「私は週刊誌の編集者もしていたので、性悪説で物事を考えるんです。たとえばIT業界の人たちが”紙と電子書籍のWIN-WINの関係を築きます”とか言われても、本当にそうかな、そっちの都合でビジネスしたいんじゃないか、と考えてしまう。だから、電子書籍に移行さえすれば出版社は再び成長を描けるようになる、なんて話はおかしいな、怪しいなって感じてしまうんです。今、書店に並んでいる”電子書籍本”に書かれていることは、技術を礼賛し、こうあるべき論で語られていますよね。でも現実のビジネスは、そんなものじゃない。そうしたことを伝えたいと思って執筆したんです」(山田氏)

 興味深いのは、出版流通についての課題について具体的に言及されていること、そして音楽やゲームなど他のコンテンツ産業との類比で語られていること。

 帯には<某大手出版社が出版中止した「禁断の書」>と謳われているのも決して大げさな話ではありません。詳しくは本書を見ていただきたいが、現在書店の売り場面積は減少傾向にあり、これまでも棚を確保するために刊行数を増やすという悪循環を繰り返してきましたが、それがますます加速していることが描かれています。これに補足すると、震災の影響で書店の営業時間は短くなり、状況は深刻化。出版社は真綿で首を締められるような状況が酷くなっています。

 このほか山田氏は、本とウェブの世界では、文化が根本から違うことも指摘しています。

「ウェブに代表されるインターネットの世界と、私たちの出版の世界は大きなギャップがあります。一例を挙げると、私たちは、読者が何に興味があるか、どんな記事が読んでもらえるか、ということを一生懸命考え、その結果、売り上げにつながるんです。けれど今のネットの記事って、どんなキーワードをタイトルや記事に埋め込むとSEO(Search Engine Optimization。サーチエンジンで検索結果が上位に表示されるようにするなど対策を施すこと)の効果が上がるか、という前提を踏まえてから記事を作るんですね。しかも、そういう言葉を繰り返し入れる。それがウェブの現実です。

 従来、編集者は著者の原稿に内容のダブりや、繰り返し表現があると、それは駄文だからといって書き直しをお願いしたり、編集者が工夫して対処してきた。それによって文章としてのクオリティを上げてきたんです。しかし、その常識が、ウェブの世界では、まったく逆。SEO的には、駄文だろうがなんだろうが、検索エンジンにヒットするような言葉が繰り返し入っているほうが”良い文章”なんです。こうした予備知識がないまま、従来の出版の方法論で電子書籍ビジネスをしようとするから、いまの出版社がやっている電子書籍ビジネスは、うまく行くはずがない。ガラリと意識を変える必要があるんです」

 とはいえ、山田氏は、電子書籍に可能性がないと悲観論ばかりをいうわけではない。単に紙を電子化するのではなく、新しい世界を作れ、と力説しています。

「電子書籍になると、読者と双方向にやり取りすることが可能になりますよね。そして読者と対話しながら、求めるものを提供できるようになります。これは、いままでわれわれがやりたくてもできなかったこと。たとえばSNSなどとも連携し、新しい読書体験を提案していく必要があると思います。 このほか村上龍さんの『歌うクジラ』のように、音楽や映像などを組み合わせるなど、リッチコンテンツ化していく方向もひとつの流れ。とにかく、いまの紙の本の形に執着せず、自由な発想を持つことが大切なのではないでしょうか」

取材・文/橋本 保


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110614-00000001-dime-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/06/18(土) 13:18:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Apple社員はこうやってダイエットするらしい「Design+Health」キット | ホーム | アウン、海外検索エンジン向けの完全成果報酬型SEOサービス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/602-abdebe68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。