インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外出先で録画番組やYouTubeを再生! DIGAと連携できるパナソニック「SV-MV100」





FXプロフィット・アクセレレータ


 パナソニックは2011年2月14日、デジタルメディアプレーヤー「SV-MV100」を発表した。これは同社のBDレコーダー「ブルーレイDIGAシリーズ」と連携し、録画番組などのコンテンツを外出先などで楽しめるポータブルAVプレーヤーである。
【詳細画像または表】
 Android OS(バージョン2.1)を採用し、音楽と動画再生のほか、タッチパネル操作でWebブラウジングやメール送受信などが可能。本機からネット経由でDIGAを操作できる「ディーガリモコンアプリ」もインストールされている。といっても、Androidケータイほどの拡張性と汎用性は備えておらず、Androidマーケットからのアプリケーション・ダウンロードには対応しない(※)。

(※)NECビッグローブが運営するインターネットプロバイダー「BIGLOBE」のサイトで、本機用アプリケーションのダウンロードサービスを2011年5月に開始する予定としている。

 こうした点で、ネット端末と言うよりも、Android OSを利用した“DIGA対応プレーヤー”ととらえたほうがいいだろう。メーカーもAndroid搭載を強調しておらず、その意味で、本年のCESで同社が発表した「ビエラ・タブレット」とはカテゴリーの違う製品と考えられる。

 拡張性はやや限られるが、同社のレコーダー「ブルーレイDIGAシリーズ」で録画した番組を持ち出せたり、音楽プレーヤーとして楽しめるのが特徴。後述するDIGA向けの新ネットサービス「ミモーラ」とも連携できるなど、DIGAユーザーにとって便利なプレーヤーに設計されている。

 DIGAシリーズ対応機種のHDD内に録画した番組を転送し、外に持ち出して視聴できる。ソニーのBDレコーダーでは録画した番組をPSP(プレイステーションポータブル)やウォークマンシリーズなどに「おでかけ転送」できるが、本機はそのパナソニック版と言える。

 DIGAからの転送はSDカードのほか、本機内蔵のWi-Fi(無線LAN)を使った「お部屋ジャンプリンク」(DLNAホームネット)による転送にも対応し、家庭内に無線LAN環境があればワイヤレス転送が可能だ。

※SDカード転送は2010年9月発売以降のDIGAシリーズ、お部屋ジャンプリンクによる転送は2011年2月発売の最新DIGAシリーズが対応する。

 転送は多彩で、DIGAから本機にダビング転送できるほか、ストリーム視聴にも対応している。このため、DIGAのHDDに録画した番組を無線LAN経由で再生することも可能だ。さらにDIGAで受信しているデジタル放送も、リアルタイムで本機でストリーム試聴できる。

 注意したいのは、これらの転送・視聴機能はDLNA機能を利用するため、ストリーム視聴とリアルタイム視聴はDLNAの範囲内、つまり家庭内でのみ可能になる点だ。ダビング転送すれば家の外でも視聴できるが、屋外のWi-Fiスポットなどを利用した転送には対応していない。会社のLANやWi-Fiスポットが使えたら便利なのだが、テレビ放送の転送という性格上、通信との完全な融合は難しいようだ。

 DIGAの動画はダウンコンバートして転送されるが、本機のディスプレイで見るには十分な解像感で、ワンセグ動画と比べると高画質で文字なども読みやすい。ダビング転送時間は約3倍速程度。本機は16GBの内蔵メモリー(412kbpsの動画を約87時間20分記録)に加えてSDカードスロット(超大容量のSDXCカードにも対応)も装備しているので、メモリー容量が足りなくなる心配はないだろう。1タイトルのダビング転送でダビング10の権利を1つ使う仕組みだ。なお、逆転送してダビング10のカウントを復活させることはできない。

 本機は携帯音楽プレーヤーとしても使える。対応する音楽フォーマットはMP3、WMA、AACと標準的だが、著作権保護のかかっていないファイルなら特別な管理ソフトなしに、PCからドラッグ&ドロップするだけで転送できる点はとても使いやすい。このあたりは使い勝手優先のトレンドをしっかり押さえている。

 SD画質の動画ファイル(H.264、MPEG4、WMV)の再生にも対応している。バッテリーの持ちも動画で約12時間(画面輝度最小)から約7時間(画面輝度最大)、音楽なら約50時間と余裕があるので、1日の再生には十分だろう。

 Webブラウザーでネット閲覧できるほか、YouTube動画も視聴できる。WebブラウザーはFlashに非対応なので、YouTubeへのアクセスはオリジナルサイトではなく、VIERAやDIGAで使われている同社専用サイトを使って行う仕組みだ。

 このほか、電子メールの送受信やPodcastの再生、RSSリーダー機能も搭載しており、情報収集の能力は高い。

 放送系ではワンセグチューナーとFMチューナーを内蔵。IPサイマルラジオ放送の「radiko.jp」にアクセスできるので、radiko.jpのサービス地域(首都圏1都6県と近畿圏2府4県)ならWi-Fiを活用してAMラジオも楽しめる。

 SV-MV100はAndroid搭載タブレットほどの拡張性はなく、携帯音楽プレーヤー2強(アップル「iPodシリーズ」、ソニー「ウォークマンシリーズ」)と勝負するほど野心的ではない。こうした点で中途半端な印象もあるが、ポータブルAVプレーヤーと考えればかなり多機能と言える。

 アジア製のAndroid搭載プレーヤーに近いレベルまで価格がこなれてくれば、パナソニックブランドに魅力を感じる人も多いのではないだろうか。特にDIGAシリーズのユーザーなら便利に使いこなせそうだ。後述するDIGA用の新ネットサービス「ミモーラ」と連携して使いこなせる点も大きな魅力になるだろう。

ケータイと連携して録画番組を視聴しやすくする「ミモーラ」もなかなか便利

 パナソニックはSV-MV100の発表と同時に、DIGAシリーズ向けの番組情報Webサービス「ミモーラ(MeMORA)」を開始した。これはDIGAシリーズとパソコンや携帯電話などとを連携できるネットサービスで、対応端末はPC、携帯電話のほか、スマートフォン、前述の「SV-MV100」(3月中旬より利用可能)となっている。

 DIGA用のWebサービスとしてすでに「ディモーラ(DiMORA)」があるが、これは番組表の検索や自動予約、リモート予約など、未来の番組を“録る“ためのWebサービスと言える。対して新サービス「ミモーラ」は、DIGAで録った番組を活用する、過去の番組を“見る”ためのWebサービスという位置付けとなっている。

 ディモーラは無料サービスだったが、ミモーラはディモーラのメール通知サービスと併せて月額315円(2011年5月31日までは無料)となる。

 「ミモーラ」は、複数の提供元から入手したテレビ番組のメタデータ(何分何秒にどのような内容が放送されるといった情報や、紹介されたお店の住所など、さまざまな関連情報)を、DIGAで録画した番組と連携させることで活用できるサービスである。

 言葉で書くと難しそうに思えるが、DIGAで録った過去の番組のハイライトシーンや見どころを検索できるサービスである。例えばニュース番組なら、Webブラウザーにニュースのヘッドラインが表示され、見たいニュースを選ぶと、ネット経由の操作でそのシーンがDIGAで自動再生される仕組みだ。

 再生操作まで可能な機種はネットからの操作に対応している最新モデルになるが、検索だけなら「ブロードバンドレシーバー」機能の付いたDIGAシリーズで対応可能だ。この場合、各シーンは開始時間で表示される。

 検索の対象となるのはNHK総合と民放キー局で、地方局は全国放送の番組に対応している。

自分のDIGAで録画した番組だけを細かく検索できる

 本サービスを使えば、過去の番組情報を検索できる。その第1のポイントは、自分のDIGAで録画した番組情報だけが表示されることにある。録った番組を見るためのサービスなので当然の仕様だ。ミモーラのサービスを利用すると、DIGAユーザーの録画予約情報が専用サーバーに送信される。このユーザーデータと番組情報をひも付けすることで実現されたサービスである。

 第2のポイントは、EPG(電子番組表)以上に詳しい検索ができる点だ。今までの番組検索機能では、EPGの番組情報以外にキーワード検索の手がかりがなかった。だが本サービスの場合、複数の入手先からさらに詳しい番組メタデータを入手して検索できる。

 番組のメタデータはシーン別、出演者別、歌手別、曲別、選手別、CM情報など多彩なタグ付けがされていて、詳細な検索ができる。

 最も手軽なのは録画した番組のおすすめシーンが表示される「My ディーガヘッドライン」で、その中から好みのシーンを選ぶことですぐに再生できる。

 検索対象はジャンル別、キーワード、番組本編かCMか、検索の時間範囲、シーンの名称か詳細か、出演者などが設定できる。

 よく使うキーワードを登録しておくと自動検索してくれる機能。キーワードに合った番組があるとメールしてくれる機能も重宝しそうだ。

 旅番組なら、番組で紹介されたホテルや旅館のGPS情報、グルメなら店舗の情報なども表示される。位置情報からGoogleマップを表示させることもできる。近い将来はグルメサイトや旅行情報サイトなどとの連携も計画しているとのことだ。テレビ番組の情報価値を向上する試みと言えるだろう。

 なお、番組メタデータの入手先は公開されていない。おそらく人の手によってタグ付けがされていると推測されるが、AV情報の自動タグ化技術の進化にも期待したい。

 発展性のあるサービスであるだけに、DIGAユーザー、それも最新モデルのユーザーでないと全機能が使えない点が惜しいところだ。未来のテレビの姿が垣間見える機能だが、ユーザーデータの収集方法や、レコーダーのネット制御などには独自の方式が採用されていて汎用性はない。そうした囲い込みでは、スマートTVというボーダーレスな黒船に対抗できないだろう。本来はメーカー連合やテレビ局などが汎用の情報サービスを行うべきだと思う。そうした時代へつながる試みとして注目したい。

(文/増田和夫 写真/安蔵靖志)



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110309-00000003-trendy-mobi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。




スポンサーサイト
  1. 2011/03/09(水) 13:51:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<salesforce.com がソーシャル Web の空気を読む「Service Cloud」を | ホーム | Adobe、FlashをHTML5に変換するツール「Wallaby」公開>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/93-2103ef74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。