インターネットで人生を10倍楽しむ

インターネットを使いこなし、人生を10倍楽しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Google Labs=イノベーション、すべての実験が成功するとは限らない




最近、ファミコンを突然やりたくなって、那覇にあるリサイクルショップに行ったのだが、結構高かったので、一時断念。しかも、自宅のテレビに接続できるかが不安だったので。。。小学生の頃、ファミコンにハマっていたんだけど、自分の叔父さんが自分の部屋でひたすらやってる姿が週に3回くらいあって、懐かしく思いだしました。今は、プレステ2で、「真三国無双4」をやっていて、楽しい限り。昔ハマっていたものにはやはりいまでも同じ臨場感で出来るのは不思議。自分が初めて買ったパソコンはMac。いまでもmacは問題なく触れたりする。ゴルフはそうは行かなかった。高校大学とゴルフはハマっていたんだけど、いいスコアも出していたくらい。アメリカにもゴルフ修行行ったことあるけど、今は10年も離れていて、トラウマのようになっていて、誘われてやってみたけど、全然ダメ!やっぱり自分はアウトドアはではなくて、インドア派。PCや、テレビ・ゲームに向かっている方が性に合うのかな。

 Googleの実験的プロダクトを公開するサイト「Google Labs」の統括チームが来日し、同サイトの運営方針であるイノベーション精神について語った。
【拡大画像や他の画像】
 統括チームは、プログラムマネージャーのMamie Rheingold氏、プロダクトマネージャーの井上陸氏、テクニカルリードのArthur Gleckler氏の3名。Googleのエンジニアが自らのアイデアを速やかに形にして、Google Labsで広くユーザーに公開できるようサポートするのが役目だ。

 具体的には、Googleには従業員が“20%ルール”で取り組んでいるプロダクトの成果を社内で発表する場があるといい、さらにユーザーからのフィードバックを得たいプロダクトについてはGoogle Labsで公開することになる。こうしたプロセスをスムーズに進められるようにするための社内ツールも統括チームでは整備している。

 各エンジニアが持ち込んだプロダクトをGoogle Labsで公開するにあたっては、ガイドラインがある。詳細は明らかにしなかったが、井上氏によると、実験的であること、ユーザーにとって安全であることなどの項目がある。また、既存のプロダクトの枠にはフィットしない、新しいタイプのプロダクトが持ち込まれることが多いとしている。

 Googleの通常のプロダクトとして公開するには相応の完成度が求められるが、Google Labsでは「完璧でなくとも、磨かれていなくてもいい。開発初期段階のプロダクトをできるだけ早く公開する」とGleckler氏は説明する。それゆえに「科学実験と同じで、うまくいかないこともある。すべての実験が成功するとは限らない」とも。Google Labsでは現在、71のプロダクトを公開中だが、これまでには途中で打ち切られたものもある。これらも含めて「すべての実験から何かを学ぶこと」がGoogle Labsの目的だとした。

 一方、めでたく“卒業”するパターンとしては、既存の正規プロダクトの一機能として取り入れられるパターンや、1つの正規プロダクトとして独立するパターンなどがある。「Google マップ」「Google デスクトップ」「Google リーダー」なども当初はGoogle Labsで始まったプロダクトであり、こうした卒業生は現在までに18プロダクトに上る。

 なお、Google Labsでの実験を打ち切るかどうかの判断基準については厳密な取り決めはないが、だいたい公開から9カ月後にユーザーからのフィードバックなどの実験結果を見て判断することになるという。

 他社の“ラボ”との違いについてRheingold氏は、「一握りの選ばれたエンジニアが明日に向けた開発を担当するという孤立した開発プログラムではない。Googleではオープンで革新的な文化、ボトムアップの文化を推奨しており、Googleにいる全エンジニアがラボの科学者、全社がラボであるという考え方」と説明する。

 Googleのエンジニアは世界の拠点におり、Google Labsの公開プロダクトも米国発に限定されない。英語環境のPCからブラウザー上で各種言語を入力できる「Google Transliteration」は日本・インド・中国のエンジニアによるものだし、インド発ではインド音楽を検索する「Indic Music Search」というものもある。「Google Wave」を継承したコラボレーションツール「Google Shared Spaces」は、オーストラリア発だ。

 Google Labsが目指すのは、各国の開発拠点でイノベーションを加速することだという。統括チームは今回、日本のエンジニアに対して革新的なアイデアやプロダクトを促進させるために来日した。

 「イノベーションは大きなリスクをとることも意味するが、たとえそれが機能しなかったとしても、Google Labsではエンジニアがさまざまな新しいアイデアを試すことができる。ユーザーから直接フィードバックも得られる。ユーザーが何を気に入っており、何がうまく機能しなかったのかというフィードバックをプロダクトに取り込んで改善したり、あるいは別のアイデアへと切り替えていくことができる。」「Googleのイノベーションを目指す精神の中心に位置するのがGoogle Labs。」(Rheingold氏)


【INTERNET Watch,永沢 茂】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000056-impress-inet
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【恋スキャFX】 FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック

スポンサーサイト
  1. 2011/03/09(水) 21:08:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホンダ、テレマティクスサービス「リンクアップフリー」「インターナビ・リンク」発表会 | ホーム | Google検索、インスタントプレビューがスマートフォンにも対応>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://daikidhee.blog91.fc2.com/tb.php/97-8335b81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。